お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-15 15:05
電磁コンタクタ用補助接点の溶融金属ブリッジとアーク放電等の諸特性に与える回路条件の影響
吉田 清澤 孝一郎日本工大)・鈴木健司富士電機機器制御EMD2018-11 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2018-11
抄録 (和) 電磁コンタクタの補助接点に対して、DC10V,1Aの回路条件で10万回の開閉実験を行った。補助接点の接触抵抗Rc、アーク継続時間ta、溶融金属ブリッジ継続時間tb、およびアークエネルギーEaに与える回路条件と開閉回数の影響を実験した。さらに電圧、電流の小さい微小負荷条件DC5V,3mAでの100万回の開閉実験を行い接触抵抗の変化を測定した。実験後の接点表面を3Dレーザー顕微鏡で観察した。その結果、10万回の開閉実験では、回路内にインダクタンスがあるには場合、アーク放電が発生し接点形状への影響が見られた。また、微小負荷条件の100万回の実験では、Rcの測定値や表面観察から接触信頼性が非常に高いことが明らかとなった。 
(英) We have carried out an open and close operation experiments to evaluate the contact reliability of the auxiliary contacts of the electromagnetic contactor. The influence of the circuit conditions and the number of operations on the contact resistance Rc, the arc duration time ta, the molten metal bridge time tb and the arc energy Ea was experimented. The contact surface after the experiment was observed with a 3D laser microscope.
As a result, arc discharge occurred in the circuit including the inductance even at DC10V and 1A, and the contact shape was affected. Moreover, from the operation test of 1 million times under the small load condition (DC3V,3mA), it became clear that contact reliability is very high. Because the value of Rc was low and stable. From the surface observation, the transition of the material could not be confirmed.
キーワード (和) 電磁コンタクタ / 電気接点 / 補助接点 / 接触抵抗 / アーク放電 / アークエネルギー / 接触信頼性 /  
(英) Electromagnetic contactor / Electrical contact / Auxiliary contact / Contact resistance / Arc discharge, Arc energy / Contact reliability / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 97, EMD2018-11, pp. 19-23, 2018年6月.
資料番号 EMD2018-11 
発行日 2018-06-08 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2018-11 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2018-11

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2018-06-15 - 2018-06-15 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2018-06-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電磁コンタクタ用補助接点の溶融金属ブリッジとアーク放電等の諸特性に与える回路条件の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of circuit conditions on various characteristics such as molten metal bridge and arc discharge of auxiliary contact for electromagnetic contactor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁コンタクタ / Electromagnetic contactor  
キーワード(2)(和/英) 電気接点 / Electrical contact  
キーワード(3)(和/英) 補助接点 / Auxiliary contact  
キーワード(4)(和/英) 接触抵抗 / Contact resistance  
キーワード(5)(和/英) アーク放電 / Arc discharge, Arc energy  
キーワード(6)(和/英) アークエネルギー / Contact reliability  
キーワード(7)(和/英) 接触信頼性 /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 清 / Kiyoshi Yoshida / ヨシダ キヨシ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 孝一郎 / Koichiro Sawa / サワ コウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 健司 / Kenji Suzuki / スズキ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 富士電機機器制御株式会社 (略称: 富士電機機器制御)
Fuji Electric FA Components & Systems Co. (略称: Fuji Electric FA Components & Systems)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-06-15 15:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMD 
資料番号 EMD2018-11 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.97 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数
発行日 2018-06-08 (EMD) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会