お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-20 13:00
鉄道信号システムへの合理性診断の適用 ~ 閉そく信号機への適用 ~
高野友佑川野 卓JR東日本SSS2018-7
抄録 (和) 鉄道信号システムは、列車の衝突や脱線などを防止し列車の安全・安定輸送を支えるためのシステムである。そのため、JR東日本では従来から信号システムをセンシングし、列車の運行に支障のある故障やその前の状態を速やかに知得できる監視システムを導入している。さらに、近年では、従来から使用しているリレー結線により制御している信号システムを電子化する際に正常・異常状態の監視機能に加えて、システム動作の合理性診断をすることで正常と認められない動作を検出し警報する監視機能を付加している。合理性診断の導入により、鉄道輸送の安全・安定性向上が期待できる。しかし、現在は従来システムの電子化時にのみ合理性診断を導入しており、当社において設備割合の大きい従来システムへの導入はしていない。
そこで、今回、従来システムのひとつである閉そく信号機へ合理性診断を適用するシステムを検討する。 
(英) The railway signal system is a system to prevent train collision and derailment and to support safe and stable transportation of trains. For that reason, JR East has conventionally used a monitoring system that senses the signaling system and can quickly acquire the troubles with train operation and the state before it. Furthermore, in recent years, when digitizing a signal system controlled by relay connection conventionally used, in addition to the normal / abnormal state monitoring function, it is recognized as normal by diagnosing the rationality of the system operation A monitoring function for detecting and alarming for unnecessary actions is added. By introducing rationality diagnosis, improvement of safety and stability of railway transport can be expected. However, we are currently introducing rationality diagnosis only at the time of digitization of the conventional system, and we have not introduced it to the conventional system with a large proportion of facilities.
Therefore, we will examine the system applying the rationality diagnosis to the closed signal which is one of conventional systems this time.
キーワード (和) 鉄道信号システム / 合理性診断 / ホワイトリスト / / / / /  
(英) Railway Signalling system / Rationality diagnosis / Whitelist / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 100, SSS2018-7, pp. 1-4, 2018年6月.
資料番号 SSS2018-7 
発行日 2018-06-13 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2018-7

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2018-06-20 - 2018-06-20 
開催地(和) 機械振興会館 地下3階3号室 13:00~17:00 
開催地(英)  
テーマ(和) 交通物流 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2018-06-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 鉄道信号システムへの合理性診断の適用 
サブタイトル(和) 閉そく信号機への適用 
タイトル(英) Application of Rationality diagnosis to Railway Signalling system 
サブタイトル(英) Application to Closing Signal machine 
キーワード(1)(和/英) 鉄道信号システム / Railway Signalling system  
キーワード(2)(和/英) 合理性診断 / Rationality diagnosis  
キーワード(3)(和/英) ホワイトリスト / Whitelist  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 友佑 / Yusuke Takano / タカノ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR東日本)
East Japan Railway Company (略称: JRE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川野 卓 / Takashi Kawano / カワノ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東日本旅客鉄道株式会社 (略称: JR東日本)
East Japan Railway Company (略称: JRE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-06-20 13:00:00 
発表時間 35分 
申込先研究会 SSS 
資料番号 SSS2018-7 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.100 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数
発行日 2018-06-13 (SSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会