お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-07 10:20
トリビア文抽出のためのトリビア度合いの推定
新名和也嶋田和孝九工大NLC2018-7
抄録 (和) 近年対話システムに対して注目が集まっている.特に対話自体を目的とした非タスク指向型に関する研究は盛んに行われており,ニューラルネットワークや強化学習を用いた手法が一定の成果を挙げている.しかし,これらの手法は「はい」や「そうですね」のような文を生成しやすい傾向があるため,ユーザが対話に飽きる危険性がある.よって,より良い対話システムを構築するためには,ユーザを対話に引き込むような文を生成する必要がある.本研究では,ユーザを対話に引き込むような文として,トリビアを含んだ文に注目する.トリビアは人の興味を引く性質があるため,対話システムに用いることでユーザを対話に引き込む効果が期待できる.本研究では,このようなトリビアを含んだ文を獲得するために,Webから収集した教師付きデータを用いてトリビア度合いの推定を行う. 
(英) Dialogue systems have been increasingly important these days.
In particular, non-task-oriented dialogue systems have been studied because of the success of neural network approaches such as seq2seq models.
However, these models tend to generate simple responses such as "yes" and "ok."
To construct a dialogue system that holds user's attention continuously, we need to generate utterances that capture the interest of the user.
In this paper, we propose a method to extract trivia sentences for the purpose.
Trivia information perhaps adds a surprise to users.
Therefore, capturing trivia information is beneficial for dialogue systems.
We estimate a trivia score of a sentence by using machine learning approaches.
We obtained 0.81 on the $nDCG@10$ score by a ranking method.
キーワード (和) トリビア / トリビア度合い推定 / 機械学習 / ランキング学習 / / / /  
(英) Trivia / Estimating Trivia Score / Machine Learning / Learn to Rank / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 122, NLC2018-7, pp. 69-74, 2018年7月.
資料番号 NLC2018-7 
発行日 2018-06-29 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2018-7

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-ICS  
開催期間 2018-07-06 - 2018-07-07 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) 言語処理・知能システムの社会応用,および一般 
テーマ(英) Application of natural language processing and intelligent systems, and general topic of NLP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2018-07-NLC-ICS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トリビア文抽出のためのトリビア度合いの推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimating Trivia Score for Trivia Sentence Extraction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トリビア / Trivia  
キーワード(2)(和/英) トリビア度合い推定 / Estimating Trivia Score  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(4)(和/英) ランキング学習 / Learn to Rank  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新名 和也 / Kazuya Niina / ニイナ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋田 和孝 / Kazutaka Shimada / シマダ カズタカ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-07-07 10:20:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 NLC 
資料番号 NLC2018-7 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数
発行日 2018-06-29 (NLC) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会