お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-11 11:45
LoRaによる車両位置情報共有システム
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明井上真杉NICTRCC2018-28 NS2018-40 RCS2018-85 SR2018-24 ASN2018-21
抄録 (和) 大規模災害時における災害時医療現場において,既存の携帯網などの通信インフラが途絶・輻輳等により利用できない状況を想定し,地域医療搬送や広域医療搬送に必要な搬送手段(救急車量等)のリソース確保に資するLPWA(LoRa)を用いた自営網を用いたシステムを開発した.具体的には,移動する救急車両からの位置情報や状態をLoRaによる無線通信により直接病院で把握するための無線アクセス制御技術,及び複数の病院間において受信した情報を共有するための中継伝送技術を開発した.また,得られた情報を地図上にマッピング表示するためのAndroidアプリケーションも開発し,実用性についての確認も行った.これにより,都心部のビルなどにより完全に見通し外の通信環境であっても,半径約2km程度のエリアであれば車両及び病院屋上間での双方向の通信が可能であること,車両の位置や状態把握の通信量であればLoRaを用いても可能であることを確認することができた. 
(英) Assuming a situation where communication infrastructure such as existing mobile networks could not be used due to disruption or congestion by a large-scale disaster, a new medical transportation resource information sharing system among hospitals with a self-employed network using LPWA (LoRa) was developed, which is required for a regional or wide area medical evacuations. More specifically, we have developed a TDMA based radio access control protocol to transmit car position and status information from a moving ambulance by a LoRa radio with avoiding internal collisions in the system. We have also developed a flooding protocol to share the latest information among hospitals. Android applications to display the obtained ambulance location information on a map or changing ambulance status information were also developed, and practicality confirmed the application’s behavior and effectiveness. As a result, the bidirectional communication between vehicles and hospitals could be carried out even in an urban area where was completely outside of line of sight due to tall buildings. It was also confirmed that it is possible to use LoRa for this application.
キーワード (和) プライベートLoRa / IoT / 災害医療 / 地域医療搬送 / 広域医療搬送 / DMAT / /  
(英) Private LoRa / IoT / Disaster Medical / Regional-area medical evacuation / Wide-area medical evacuation / DMAT / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 127, ASN2018-21, pp. 31-36, 2018年7月.
資料番号 ASN2018-21 
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2018-28 NS2018-40 RCS2018-85 SR2018-24 ASN2018-21

研究会情報
研究会 ASN NS RCS SR RCC  
開催期間 2018-07-11 - 2018-07-13 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate Arena 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,機械学習とAIを応用した無線通信・ネットワーク技術,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),IoT(Internet of Things),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, Machine Learning and AI for Wireless Communications and Networks, M2M (Machine-to-Machine), D2D (Device-to-Device), IoT(Internet of Things), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2018-07-ASN-NS-RCS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LoRaによる車両位置情報共有システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Vehicle Location Information Sharing System Using LoRa 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プライベートLoRa / Private LoRa  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) 災害医療 / Disaster Medical  
キーワード(4)(和/英) 地域医療搬送 / Regional-area medical evacuation  
キーワード(5)(和/英) 広域医療搬送 / Wide-area medical evacuation  
キーワード(6)(和/英) DMAT / DMAT  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 剛至 / Goshi Sato / サトウ ゴウシ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 天間 克宏 / Katsuhiro Temma / テンマ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久利 敏明 / Toshiaki Kuri / クリ トシアキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-07-11 11:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 ASN 
資料番号 RCC2018-28, NS2018-40, RCS2018-85, SR2018-24, ASN2018-21 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.123(RCC), no.124(NS), no.125(RCS), no.126(SR), no.127(ASN) 
ページ範囲 pp.19-24(RCC), pp.19-24(NS), pp.31-36(RCS), pp.19-24(SR), pp.31-36(ASN) 
ページ数
発行日 2018-07-04 (RCC, NS, RCS, SR, ASN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会