お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-19 09:45
デジタルプリディストーションによる32APSK衛星伝送の性能改善
小島政明鈴木陽一小泉雄貴筋誡 久NHKSAT2018-18
抄録 (和) 4K/8K衛星放送は,2016年8月1日に試験放送開始,そして2018年12月1日には本放送が開始される予定である.4K/8K衛星放送の伝送方式であるISDB-S3は変調方式として16APSKと32APSKを新たに採用し,試験放送及び本放送では16APSKが利用されている.32APSKは更なる伝送容量拡大を図ることができる一方,衛星中継器による非線形歪の影響が課題である.この対策の1つとして,NHKではこれまでデジタルプリディストーションによる補償法を提案し,計算や実験により伝送特性の改善効果を示してきたが,対象とする衛星伝送路はリニアライザ無の限定的なものであった.今回,リニアライザ有無それぞれの衛星伝送路で32APSKの受信性能とデジタルプリディストーションによる改善量を実験により評価したのでその結果を報告する. 
(英) 4K/8K test broadcasting by satellite started on August 1st 2016, and 4K/8K commercial broadcasting will start on December 1st 2018. The transmission system for 4K/8K broadcasting is ISDB-S3 that has adopted 16APSK and 32APSK as new modulation schemes. While 16APSK is used for the test and commercial 4K/8K broadcasting, 32APSK is not used because its non-linear distortion by satellite transponder is much larger than 16APSK. We have proposed a digital pre-distortion technique to mitigate the effect of non-linear distortion. Although we indicated its effectiveness by numerical calculations and transmission experiments, characteristics of the satellite channel in the evaluation were limited to the ones of a transponder without a linearizer. In this study, we report on experimental results of the reception performances for 32APSK and the improvements by the digital pre-distortion technique over a satellite channel with and without the linearizer.
キーワード (和) デジタルプリディストーション / 32APSK / ISDB-S3 / リニアライザ / / / /  
(英) digital pre-distortion / 32APSK / ISDB-S3 / linearizer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 136, SAT2018-18, pp. 43-48, 2018年7月.
資料番号 SAT2018-18 
発行日 2018-07-11 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2018-18

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2018-07-18 - 2018-07-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) リモートセンシング,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Remote sensing, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2018-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルプリディストーションによる32APSK衛星伝送の性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement by Digital Pre-Distortion Technique for 32APSK over Satellite Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタルプリディストーション / digital pre-distortion  
キーワード(2)(和/英) 32APSK / 32APSK  
キーワード(3)(和/英) ISDB-S3 / ISDB-S3  
キーワード(4)(和/英) リニアライザ / linearizer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 政明 / Masaaki Kojima / コジマ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yoichi Suzuki / スズキ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 雄貴 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 筋誡 久 / Hisashi Sujikai / スジカイ ヒサシ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-07-19 09:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SAT 
資料番号 SAT2018-18 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.136 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数
発行日 2018-07-11 (SAT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会