お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-20 16:05
地域創生デザインの為のGPSロガーから見えてくる道具のありたか
柿山浩一郎札幌市大IMQ2018-10 HIP2018-37
抄録 (和) 本研究では地域創生デザインの手法として,GPSロガーを開発した. このGPSロガーは,カメラと,シャッターの代わりとなる4つの印象ボタンを有するものである. 取得したデータの分析結果から,ワークショップで実施された活動の差異,地域固有の特徴,国民性の違いを検出した. このGPSロガーの運用を通して,道具のあり方の観点から考察を行った. データ取得の観点,造形面の観点から考察を行った結果,実験の為の「道具」の観点から言えば,より長期的なデータ収集を行う際には,道具の存在が薄いデバイスにてのありたかを検討し,短期的なデータ収集を行う際には,道具の存在を濃くし,参加者のモチベーション向上をはかることが重要と結論づけた. 
(英) In this research, GPS Logger has been developed as the technique of the regional revitalization design.This GPS Logger has a camera and 4 buttons which will be instead of shutter.The difference in "contents of activity ","regional characteristics","nationalities of a participation student" was detected in the result of analysis of acquired data.Through the operation of this GPS logger, we examined from the viewpoint of tools.The results of consideration from the viewpoint of data acquisition and from the viewpoint of modeling are as follows.From the point of view of "tools" for experiments, it is important to consider the existence of tools in the presence of thin tools when conducting longer-term data collection.When collecting short-term data, it is important to strengthen the existence of tools and to motivate participants.
キーワード (和) GPSロガー / 地域創生デザイン / 道具 / / / / /  
(英) GPS Logger / Regional Revitalization Design / Tool / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 148, HIP2018-37, pp. 25-28, 2018年7月.
資料番号 HIP2018-37 
発行日 2018-07-13 (IMQ, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2018-10 HIP2018-37

研究会情報
研究会 IMQ HIP  
開催期間 2018-07-20 - 2018-07-20 
開催地(和) 札幌市立大学 サテライトキャンパス 
開催地(英) Sapporo City University, Satellite Campus 
テーマ(和) イメージ・メディア・クオリティ及びヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Image Media Quality and Human Communication 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2018-07-IMQ-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地域創生デザインの為のGPSロガーから見えてくる道具のありたか 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Existence of a Tool through GPS Loggerfor Regional Revitalization Design 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPSロガー / GPS Logger  
キーワード(2)(和/英) 地域創生デザイン / Regional Revitalization Design  
キーワード(3)(和/英) 道具 / Tool  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿山 浩一郎 / Koichiro Kakiyama / カキヤマ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 札幌市立大学 (略称: 札幌市大)
SAPPORO CITY UNIVERSITY (略称: SCU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-20 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IMQ2018-10, HIP2018-37 
巻番号(vol) 118 
号番号(no) no.147(IMQ), no.148(HIP) 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数
発行日 2018-07-13 (IMQ, HIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会