お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-31 15:25
圧電センサを用いた脳動脈閉塞の簡易評価手法の検討 ~ 頚動脈波の利用 ~
板井菜津子津留崎 凌岩瀬史明松川真美同志社大)・奥野善教斎藤こずえ山上 宏長束一行国立循環器病研究センターUS2018-38
抄録 (和) 脳動脈の狭窄や閉塞が主な原因である虚血性脳血管疾患は,症状の発現後,一刻も早い治療が求められる.そこで,救急医療の現場において脳動脈の閉塞や狭窄を簡便かつ迅速に判断できれば,搬入先での適切な処置につながり予後の改善や致死率の低下が期待できる.本研究では、簡便に脳動脈の閉塞を判断する手法として脈波測定に着目した.すでに,頚動脈部で観測される脈波には脳動脈の血管床等で反射した波が含まれており,脳動脈の情報を反映することが報告されている.そこで本研究では,健常者と閉塞を持つ患者の左右の頚動脈波の測定と検討を行った.その結果,左右の脈波波形の比較や,周波数解析によって,簡便に脳動脈閉塞の評価ができる可能性を見出した. 
(英) Ischemic cerebrovascular diseases require proper treatment as soon as possible when the symptom appears. Especially it is important to evaluate the existence of an occlusion at a cerebral artery, and a rapid and easy measurement method is required for this purpose. It is known that the pulse wave observed at the carotid artery contains reflected waves from the vascular bed and includes the information of the cerebral artery. In this study, we compared the left and right pulse waveforms of the carotid artery observed at healthy subjects and occlusion patients by a piezoelectric sensor system. As a result, the cerebral artery occlusion could be easily evaluated by comparison of left and right pulse waveforms.
キーワード (和) 脈波 / 圧電センサ / 血流速度 / 超音波診断装置 / 動脈閉塞 / 簡易診断 / /  
(英) Pulse waves / Piezoelectric sensor / Blood flow velocity / Ultrasonography / Occlusion of artery / Simple diagnosis / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 167, US2018-38, pp. 35-40, 2018年7月.
資料番号 US2018-38 
発行日 2018-07-24 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2018-38

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2018-07-31 - 2018-07-31 
開催地(和) 京都工繊大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 物性、一般 (共催:日本レオロジー学会ナノオロジー研究会、日本音響学会音響化学研究会) 
テーマ(英) Kyoto Institute of Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-07-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧電センサを用いた脳動脈閉塞の簡易評価手法の検討 
サブタイトル(和) 頚動脈波の利用 
タイトル(英) Simple evaluation technique of cerebral artery occlusion by a piezoelectric sensor 
サブタイトル(英) Analysis of carotid artery pulse waves 
キーワード(1)(和/英) 脈波 / Pulse waves  
キーワード(2)(和/英) 圧電センサ / Piezoelectric sensor  
キーワード(3)(和/英) 血流速度 / Blood flow velocity  
キーワード(4)(和/英) 超音波診断装置 / Ultrasonography  
キーワード(5)(和/英) 動脈閉塞 / Occlusion of artery  
キーワード(6)(和/英) 簡易診断 / Simple diagnosis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 板井 菜津子 / Natsuko Itai / イタイ ナツコ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 津留崎 凌 / Ryo Tsurusaki / ツルサキ リョウ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩瀬 史明 / Fumiaki Iwase / イワセ フミアキ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 真美 / Mami Matsukawa / マツカワ マミ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥野 善教 / Yoshinori Okuno / オクノ ヨシノリ
第5著者 所属(和/英) 国立循環器病研究センター (略称: 国立循環器病研究センター)
National Cerebral and Cardiovascular Center (略称: NCVC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 こずえ / Kozue Saito / サイトウ コズエ
第6著者 所属(和/英) 国立循環器病研究センター (略称: 国立循環器病研究センター)
National Cerebral and Cardiovascular Center (略称: NCVC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山上 宏 / Hiroshi Yamagami / ヤマガミ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 国立循環器病研究センター (略称: 国立循環器病研究センター)
National Cerebral and Cardiovascular Center (略称: NCVC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 長束 一行 / Kazuyuki Nagatsuka / ナガツカ カズユキ
第8著者 所属(和/英) 国立循環器病研究センター (略称: 国立循環器病研究センター)
National Cerebral and Cardiovascular Center (略称: NCVC)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-31 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 US2018-38 
巻番号(vol) 118 
号番号(no) no.167 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数
発行日 2018-07-24 (US) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会