お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-20 14:25
階層的スパース正則化とハード制約を利用したOCTボリュームデータ復元の実データ検証
藤井元暉村松正吾崔 森悦新潟大)・小野峻佑東工大)・太田 岳任 書晃日比野 浩新潟大SIP2018-58
抄録 (和) 本稿では,文献[1]において筆者らが提案した光干渉断層撮影(OCT)データのための復元アルゴリズムを実際の観測結果へ適用する.筆者らは,蝸牛内の感覚上皮帯のメカニズムを深く理解するために,モルモットの有毛細胞のin vivoでの動的断層撮像に取り組み,多周波掃引(MS)全視野(en-face)OCT装置を開発している.現在,生体からの反射光が非常に弱いという問題に直面している.文献[1]では,同復元問題を階層的スパース正則化とハード制約を課した最小二乗問題に帰着させ,主-双対近接分離(PDS)法の枠組みで解くアルゴリズムを導出した.ただし,人工データを利用したシミュレーションをとおして提案法の有効性を確認したが,正則化パラメータの最適値の探索が十分になされていない点で追加実験の余地が残されていた.そこでより広い範囲で最適なパラメータを探索する.その結果をもとに実際の観測結果に対する実験に提案法を適用し,同手法の実データに対する有効性を確認する. 
(英) In this report, we try to apply the restoration algorithm proposed in [1] to real observation data acquired byoptical coherence tomography (OCT). In order to deeply understand the mechanism of sensory epithelium in cochlear,we are working on dynamic tomographic imaging of hair cells of guinea pigin vivoand develop a multi-frequencyswept (MS)en-faceOCT device. Currently, the device faces to a problem that the reected light from biotissue isquite weak. In [1], the restoration problem is reduced to a least squares problem which imposes a hierarchical sparsityregularization and hard constraint, and an algorithm is derived to solve the problem in the framework of Primal-dualproximal splitting (PDS) method. Although the signicance of the proposed model was veried by simulation forarticial data, there is room for additional experiments since the optimum value of the regularization parameters wasnot sufficiently investigated. Thus, this work searches optimal parameters in a wider range, and based on the results,conducts an experiment for real observation data to verify the signicance of the proposed method.
キーワード (和) ボリュームデータ復元 / 主-双対近接分離(PDS)法 / OCT / / / / /  
(英) Volumetric data restoration / Primal-dual proximal splitting (PDS) method / OCT / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 182, SIP2018-58, pp. 7-12, 2018年8月.
資料番号 SIP2018-58 
発行日 2018-08-13 (SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2018-58

研究会情報
研究会 SIP  
開催期間 2018-08-20 - 2018-08-21 
開催地(和) 拓殖大学 文京キャンパス 
開催地(英) Takushoku Univ. Bunkyo Campus. 
テーマ(和) 数理,学習,信号処理一般(画像・音声音響・通信・実現システム・基礎等) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2018-08-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 階層的スパース正則化とハード制約を利用したOCTボリュームデータ復元の実データ検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiment on OCT Volumetric Data Restoration via Hierarchical Sparsity and Hard Constraint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ボリュームデータ復元 / Volumetric data restoration  
キーワード(2)(和/英) 主-双対近接分離(PDS)法 / Primal-dual proximal splitting (PDS) method  
キーワード(3)(和/英) OCT / OCT  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 元暉 / Genki Fujii / フジイ ゲンキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 正吾 / Shogo Muramatsu / ムラマツ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 森悦 / Samuel Choi / チェ サムエル
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 峻佑 / Shunsuke Ono / オノ シュンスケ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 岳 / Takeru Ota / オオタ タケル
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 任 書晃 / Fumiaki Nin / ニン フミアキ
第6著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 日比野 浩 / Hiroshi Hibino / ヒビノ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-08-20 14:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SIP 
資料番号 SIP2018-58 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.182 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2018-08-13 (SIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会