お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-18 13:00
ラインおよびリングを形成する基地局を用いた仲介型個体群プロトコル
吉川裕美首藤裕一阪大)・大下福仁奈良先端大)・角川裕次増澤利光阪大COMP2018-12
抄録 (和) 仲介型個体群プロトコルモデルとは,膨大な数の計算能力の乏しい計算機(個体)で構成される無線ネットワークを抽象化したモデルである.このモデルでは,各個体と各個体ペアに状態が存在し,2つの個体の交流により,その2個体の状態とペアの状態が変化する.交流がシステム内で繰り返し発生することで,システム全体の状態が遷移し,計算やタスクが実行される.本報告では,基地局の存在と$k$-制限スケジューラを仮定し,ラインおよびリングを形成するプロトコルを提案する.基地局とは,ネットワーク中にただ一つ存在する,強力な計算能力を持つ特別な個体である.$k$-制限スケジューラとは,ある2個体間で$k+1$回の交流が発生する間にどの2個体間にも1回以上の交流が発生することを保証するスケジューラである.既存プロトコルは,実行開始時に各個体の状態が初期化されているという仮定のもとで,基地局を利用せずにこれらのトポロジを形成する.提案プロトコルは,基地局を利用することで,実行開始時に各個体が初期化されているという仮定のもとで個体の状態数を既存プロトコルより削減する.また,個体の状態数を増やすことで,実行開始時に各個体が初期化されていない場合でもトポロジの形成を実現する. 
(英) A mediated population protocol model is a computational model that abstracts a wireless network composed of numerous low-performance computers (particles).
In this model, each particle and each pair of particles maintains a state which is updated when two particles interact. In this report, we propose protocols to construct lines and rings that assume the existence of a single base station, which is a particularly powerful particle. Previously proposed protocols construct lines and rings without a base station on the assumption that all particles are initialized. Our protocols using a single base station succeed to reduce the number of states of each particle when particles are initialized. In addition, we also propose a method to remove the assumption by additional states.
キーワード (和) 仲介型個体群プロトコル / 基地局 / トポロジ形成 / 初期化 / 状態数削減 / / /  
(英) mediated population protocols / base station / topology construction / initialization / reduce number of states / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 216, COMP2018-12, pp. 23-27, 2018年9月.
資料番号 COMP2018-12 
発行日 2018-09-11 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2018-12

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2018-09-18 - 2018-09-18 
開催地(和) 九州工業大学(飯塚キャンパス) 
開催地(英) Kyusyu Institute of Technology 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2018-09-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラインおよびリングを形成する基地局を用いた仲介型個体群プロトコル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mediated population protocols with a base station for line and ring construction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仲介型個体群プロトコル / mediated population protocols  
キーワード(2)(和/英) 基地局 / base station  
キーワード(3)(和/英) トポロジ形成 / topology construction  
キーワード(4)(和/英) 初期化 / initialization  
キーワード(5)(和/英) 状態数削減 / reduce number of states  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 裕美 / Yuumi Yoshikawa / ヨシカワ ユウミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 首藤 裕一 / Yuuichi Sudou / スドウ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大下 福仁 / Fukuhito Ooshita / オオシタ フクヒト
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 角川 裕次 / Hirotsugu Kakugawa / カクガワ ヒロツグ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 増澤 利光 / Toshimitsu Masuzawa / マスザワ トシミツ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-09-18 13:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 COMP 
資料番号 COMP2018-12 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.216 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数
発行日 2018-09-11 (COMP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会