お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-09-25 15:50
事故調査における免責制度の導入について
松岡 猛宇都宮大SSS2018-23
抄録 (和) 発生してしまった事故を教訓とし、再発防止・安全性向上を図るためには事故の正確な状況を明らかにすることが必要である.事故の状況を最も良く知るのは事故発生に関わった当事者であるが、責任の発生を恐れて事故調査において必ずしも真実を語るとは限らない.そのため事故調査において免責制度を導入することが有効であるとの論を以前展開したが、時期尚早ということで制度化されていない.しかし、本年6月1日より、他人の犯罪を明かす見返りに、容疑者や被告の刑事処分を軽くする「捜査・公判協力型協議・合意制度」が施行された.事故調査においても同様の制度の導入への道が開かれたと言える.事故調査に免責制度を導入する際の検討すべき事項について述べる. 
(英) (Not available yet)
キーワード (和) 事故調査 / 安全性向上 / 免責 / 刑事責任 / / / /  
(英) Accident Investigation / Enhancement of Safety / Immunity / Criminal Prosecution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 221, SSS2018-23, pp. 17-20, 2018年9月.
資料番号 SSS2018-23 
発行日 2018-09-18 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2018-23

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2018-09-25 - 2018-09-25 
開催地(和) 機械振興会館 地下3階2号室 
開催地(英)  
テーマ(和) 製品安全、製造物責任、社会インフラ、エネルギー、事故調査、情報の安全性 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2018-09-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 事故調査における免責制度の導入について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the Adoption of Immunity from Criminal Prosecution in Accident Investigation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事故調査 / Accident Investigation  
キーワード(2)(和/英) 安全性向上 / Enhancement of Safety  
キーワード(3)(和/英) 免責 / Immunity  
キーワード(4)(和/英) 刑事責任 / Criminal Prosecution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 猛 / Takeshi Matsuoka /
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-09-25 15:50:00 
発表時間 35分 
申込先研究会 SSS 
資料番号 SSS2018-23 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.221 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数
発行日 2018-09-18 (SSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会