お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-04 10:00
集束超音波による超音波霧化におけるキャピラリー波の高速度撮影解析
塚原健生益子大作吉澤 晋東北大US2018-49
抄録 (和) 集束超音波を液体中から気液界面に集束させると,焦点付近の水面が柱状に隆起し表面から微小な液滴が放出されることがある.この霧化現象が生じる原因の一つとして,キャビテーション気泡の寄与とともに表面波(キャピラリー波)の影響が提唱されているが,いまだ原理の完全な解明には至っていない.本研究では高速度カメラを用いて,様々な周波数の集束超音波を照射した際の超音波霧化過程を撮影し,液柱表面に生じるキャピラリー波の時間変化について解析を行った. 
(英) When ultrasound generated in liquid is focused around the interface between the liquid and air, the liquid is lifted by ultrasound, and a drop chain emerges from the interface. After the emergence of a drop chain, sometimes minute droplets are scattered from the surface of it. The phenomenon is called ultrasonic atomization. Two hypotheses of the atomization mechanism have been proposed; one is contribution of the oscillation and collapse of cavitation bubbles, and the other is capillary wave caused by instability of the surface. In this paper, highspeed photographs of drop chains induced by ultrasound at 1 - 3 MHz were taken, and the oscillation of capillary wave before the atomization was analyzed.
キーワード (和) 集束超音波 / 超音波霧化 / キャピラリー波 / / / / /  
(英) Focused Ultrasound / Ultrasonic Atomization / Capillary Wave / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 229, US2018-49, pp. 1-6, 2018年10月.
資料番号 US2018-49 
発行日 2018-09-27 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2018-49

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2018-10-04 - 2018-10-04 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般(共催:東北大学電気通信研究所 超音波エレクトロニクス研究会、日本超音波医学会光超音波画像研究会、レーザー学会光音響イメージング技術専門委員会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2018-10-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 集束超音波による超音波霧化におけるキャピラリー波の高速度撮影解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Capillary Wave in Ultrasonic Atomization Produced by Focused Ultrasound Using Highspeed Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集束超音波 / Focused Ultrasound  
キーワード(2)(和/英) 超音波霧化 / Ultrasonic Atomization  
キーワード(3)(和/英) キャピラリー波 / Capillary Wave  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚原 健生 / Kenki Tsukahara / ツカハラ ケンキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 益子 大作 / Daisaku Mashiko / マシコ ダイサク
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 晋 / Shin Yoshizawa / ヨシザワ シン
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-10-04 10:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 US 
資料番号 US2018-49 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2018-09-27 (US) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会