お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-18 13:30
オンボディTHz-WBAN無線通信システムの設計方針に関する一検討
松葉優太青柳貴洋東工大EMCJ2018-39 MW2018-75 EST2018-61 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2018-75 EST2018-61
抄録 (和) WBAN (Wireless Body Area Network) において,高速化および大容量化の要求が高まっている.そこで,これらの要求に対応できるテラヘルツ帯の利用が大きな注目を集めている。しかしながら,現在までにテラヘルツ帯を用いたWBANについてはほとんど検討されていない.そこで,本報告では,オンボディ THz-WBAN 無線通信システムの設計例として,送受信機の検討およびデバイス構成の検討を示す.送信機としてアンテナ一体型共鳴トンネルダイオードを用い、ショットキーバリアダイオードを受信機として用いる. 雑音の対策として新たに二値符号拡散OOK通信方式の導入を検討し,計算機シミュレーションで導出した通信特性を示す. 
(英) In WBANs (Wireless Body Area Network), demands for high speed and large capacity are increasing. Therefore, the use of the terahertz band capable of responding to these demands attracts a great attention. As a design example of the on-body THz-WBAN wireless communication system, examination of the transceiver and examination of the device configuration will be shown in this report. An antenna integrated resonant tunneling diode is used as a transmitter and a Schottky barrier diode is used as a receiver. We introduce binary code spreading as a measure against noise and show the communication characteristics derived by simulation.
キーワード (和) ボディエリアネットワーク / テラヘルツ帯 / 490 GHz 帯 / RTD 発振器 / 無線通信システム / ノイズ対策 / /  
(英) body area networks / terahertz band / 490 GHz band / RTD oscillator / wireless communication system / noise countermeasure / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 247, EMCJ2018-39, pp. 29-33, 2018年10月.
資料番号 EMCJ2018-39 
発行日 2018-10-11 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2018-39 MW2018-75 EST2018-61 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2018-75 EST2018-61

研究会情報
研究会 EST MW EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2018-10-18 - 2018-10-19 
開催地(和) 八戸商工会館(青森県八戸市) 
開催地(英) Hachinohe Chamber of Commerce and Industry(Hachinohe city, Aomori) 
テーマ(和) シミュレーション技術・EMC、マイクロ波、電磁界シミュレーション、一般 
テーマ(英) Simulation techniques, EMC, Microwave, Electromagnetic field simulation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2018-10-EST-MW-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オンボディTHz-WBAN無線通信システムの設計方針に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Design of On-Body THz-BAN Wireless Communication System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ボディエリアネットワーク / body area networks  
キーワード(2)(和/英) テラヘルツ帯 / terahertz band  
キーワード(3)(和/英) 490 GHz 帯 / 490 GHz band  
キーワード(4)(和/英) RTD 発振器 / RTD oscillator  
キーワード(5)(和/英) 無線通信システム / wireless communication system  
キーワード(6)(和/英) ノイズ対策 / noise countermeasure  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松葉 優太 / Yuta Matsuba / マツバ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Twitch)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 貴洋 / Takahiro Aoyagi / アオヤギ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Twitch)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-10-18 13:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 EMCJ2018-39, MW2018-75, EST2018-61 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.247(EMCJ), no.248(MW), no.249(EST) 
ページ範囲 pp.29-33 
ページ数
発行日 2018-10-11 (EMCJ, MW, EST) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会