お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-23 10:10
姿勢変化により前庭・体性感覚と視覚の重力方向情報の関係が変化したときの前額平行面上の運動知覚
三輪拓馬久方瑠美金子寛彦東工大HIP2018-64
抄録 (和) 本研究の目的は,前額平行面上の物体運動における等速度知覚が背景の視覚的文脈から推定される方向情報に影響を受けるか明らかにすることである。視覚刺激として,上下左右の4方向に加速度を持って運動する物体を,自然画像を背景として呈示し,知覚的に等速度となる加速度を測定した。背景内の下方向が身体の下方向と一致している条件に加え,反転している場合と左右に90°回転している場合の4条件があった。観察者は刺激を仰向けと横臥位の姿勢条件で観察した。結果,等速度に知覚される運動の加速度は身体方向と重力方向が分離されているときに視覚的文脈から推定される上下方向に影響を受けることが示された。 
(英) We investigated the effects of direction information obtained in visual context of background on the constant velocity perception of object motion on frontal parallel plane. The visual stimulus was an object moving with acceleration in one of the four directions, up, down, left, and right, on a background of natural image. Orientation of the background image was one of four conditions: upright relative to the body, upside down, rotated 90 degrees to the left and rotated 90 degrees right. We measured the acceleration contained in the motion that was perceived as constant velocity for each background condition. The observer observed the stimulus with the supine and lateral posture condition. The results indicate that constant velocity perception, which can be thought as the standard for motion perception, is affected by the vertical direction estimated from the visual context when directions of body and of gravity are separated.
キーワード (和) 運動知覚 / 重力方向 / 視覚情報 / 加速度 / 身体方向 / / /  
(英) motion perception / gravity direction / visual information / acceleration / body orientation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 262, HIP2018-64, pp. 31-34, 2018年10月.
資料番号 HIP2018-64 
発行日 2018-10-15 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2018-64

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2018-10-22 - 2018-10-23 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2018-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 姿勢変化により前庭・体性感覚と視覚の重力方向情報の関係が変化したときの前額平行面上の運動知覚 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Motion perception on the frontal parallel plane when posture changes the relation between vestibular/somatosensory and visual gravity directions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 運動知覚 / motion perception  
キーワード(2)(和/英) 重力方向 / gravity direction  
キーワード(3)(和/英) 視覚情報 / visual information  
キーワード(4)(和/英) 加速度 / acceleration  
キーワード(5)(和/英) 身体方向 / body orientation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三輪 拓馬 / Takuma Miwa / ミワ タクマ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久方 瑠美 / Rumi Hisakata / ヒサカタ ルミ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 寛彦 / Hirohiko Kaneko / カネコ ヒロヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-10-23 10:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 HIP 
資料番号 HIP2018-64 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.262 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数
発行日 2018-10-15 (HIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会