お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-12-12 10:25
Linear-Time Algorithms for the Generalized Coloring Reconfiguration Problem
Hiroki OsawaAkira SuzukiTakehiro ItoXiao ZhouTohoku Univ.COMP2018-32
抄録 (和) 彩色遷移問題は,最もよく研究されている遷移問題である.
この問題では,高々$k$色を用いたグラフの(頂点)彩色が$2$つ与えられたとき,
一度に$1$頂点のみの色を変更する操作を繰り返して,一方の彩色から他方の彩色へ到達できるか判定したい.
ただし,遷移の過程でも,常に適切な彩色を保持しなければならない.
彩色遷移問題は,$kle3$であれば多項式時間で解ける一方で,$k ge 4$の定数ではPSPACE完全であることが知られている.
本稿では,この問題を色変更制約の観点から解析する.
色変更制約は,グラフ$R$として与えられる.
ここで,$R$の頂点集合は($k$色からなる)色集合に対応し,$R$の各辺は直接変更できる色のペアを表現している.
本稿では,$R$が最大次数$2$の場合に,この一般化された彩色遷移問題が線形時間で解けることを示す. 
(英) {sc Coloring reconfiguration} is one of the most well-studied reconfiguration problems. In the problem, we are given two proper (vertex-)colorings of a graph using at most $k$ colors, and asked to determine whether there exists a transform between them by recoloring only a single vertex at a time, while maintaining a proper coloring. It is known that this problem is solvable in polynomial time if $kleq3$, while is PSPACE-complete for a fixed $kgeq4$. In this paper, we study this problem from a viewpoint of recolorability constraints, which is given in terms of a graph $R$ whose vertices are colors, and each edge represents a pair of colors that can be recolored directly. In this paper, we show that this generalized problem can be solved in linear time if $R$ is of maximum degree at most two.
キーワード (和) 組合せ遷移 / グラフアルゴリズム / グラフ彩色 / / / / /  
(英) combinatorial reconfiguration / graph algorithm / graph coloring / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 356, COMP2018-32, pp. 7-14, 2018年12月.
資料番号 COMP2018-32 
発行日 2018-12-05 (COMP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード COMP2018-32

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2018-12-12 - 2018-12-12 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2018-12-COMP 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Linear-Time Algorithms for the Generalized Coloring Reconfiguration Problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 組合せ遷移 / combinatorial reconfiguration  
キーワード(2)(和/英) グラフアルゴリズム / graph algorithm  
キーワード(3)(和/英) グラフ彩色 / graph coloring  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 弘基 / Hiroki Osawa / オオサワ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 顕 / Akira Suzuki / スズキ アキラ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 健洋 / Takehiro Ito / イトウ タケヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 暁 / Xiao Zhou / シュウ ギョウ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2018-12-12 10:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 COMP 
資料番号 COMP2018-32 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.356 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数
発行日 2018-12-05 (COMP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会