お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-22 10:50
料理動画から動画付きレシピを合成するための調理工程タグの抽出と修正
大野辰也荒澤孔明渡邊稜平服部 峻室蘭工大IN2018-82
抄録 (和) 近年,献立を考える時や初心者が料理する際,インターネットやアプリを使ってレシピ等を検索することが増えているが,従来のレシピ検索システムには一長一短がある.そこで本稿では,料理動画の音声解析によって調理工程をテキスト化し,その調理工程ごとに動画を分割することで,自分だけの動画付きレシピを合成するシステムを提案する.また,料理動画の元々の台詞テキストによる情報不足を,形態素解析を用いた台詞テキストからの工程タグの抽出と,他のレシピ群の工程タグを用いた「集合知」による修正とで補う手法について検討する. 
(英) In recent years, when we plan a meal or when a beginner cooks, we often search for recipes using the Internet and/or applications increasingly, but the conventional systems for recipe search have advantages and disadvantages. Therefore, this paper proposes a novel system that composes a user's personalized video-attached recipe by converting her/his input cooking video into the text of cooking procedures by speech recognition, and by dividing the input cooking video per cooking procedure. And also this paper carries out a study on a novel method to fill the lack of information of the speech-recognized text of a user's input cooking video, by extracting cooking procedure tags from the text using morphological analysis and by refining ambiguous cooking procedure tags based on "Collective Intelligence" using many cooking procedure tags of the other recipes.
キーワード (和) 情報抽出 / タギング / レシピ検索 / 料理動画 / 集合知 / / /  
(英) Information Extraction / Tagging / Recipe Search / Cooking Video / Collective Intelligence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 408, IN2018-82, pp. 57-62, 2019年1月.
資料番号 IN2018-82 
発行日 2019-01-14 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2018-82

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2019-01-21 - 2019-01-22 
開催地(和) 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス 
開催地(英) WINC AICHI 
テーマ(和) コンテンツ配信/流通、ソーシャルネットワーク(SNS)、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
テーマ(英) Contents Distribution, Social Networking Services, Data Analytics and Processing Platform, Big data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 料理動画から動画付きレシピを合成するための調理工程タグの抽出と修正 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cooking Procedure Tag Extraction and Refinement for Video-attached Recipe Synthesizer from Cooking Videos 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報抽出 / Information Extraction  
キーワード(2)(和/英) タギング / Tagging  
キーワード(3)(和/英) レシピ検索 / Recipe Search  
キーワード(4)(和/英) 料理動画 / Cooking Video  
キーワード(5)(和/英) 集合知 / Collective Intelligence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 辰也 / Tatsuya Ohno / オオノ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒澤 孔明 / Komei Arasawa / アラサワ コウメイ
第2著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 稜平 / Ryohei Watanabe / ワタナベ リョウヘイ
第3著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 峻 / Shun Hattori / ハットリ シュン
第4著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-01-22 10:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IN 
資料番号 IN2018-82 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.408 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数
発行日 2019-01-14 (IN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会