お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 10:35
基準局での目標距離観測値を使用したTDOA測位
宮崎裕己小菅義夫電子航法研)・田中俊幸長崎大SANE2018-101
抄録 (和) TDOA(Time Difference of Arrival)測位では,異なる位置に配置された電波受信局で移動体である目標からの電波を受信し,受信局間の電波到達時刻差を使用して目標位置を推定する.このTDOAは,目標側での電波送信時刻の検出を必要としないため,簡易に測位システムを構築できる利点を持つ.一方,TDOAは,受信局配置の外側で測位誤差が急激に増大するとの課題を持つ.ところで,目標と受信局間の距離が観測できれば,この目標距離を補完して,TOA(Time of Arrival)測位が可能となる.本稿では,目標距離を使用して,各受信局の距離差を,距離に変換した値により測位する方式を考察する.また比較のため,目標距離と各受信局の距離差の併用により測位する方式も考察する.この結果,両方式は,測位結果が同一となること,及びTDOAより測位精度が向上することが分かった.また,計算機シミュレーションにより,両方式はTDOAの課題を改善可能とすることを示す. 
(英) TDOA (Time Difference of Arrival) localization estimates a target position from arrival time differences of radio signals by detecting the signals in a number of ground receivers. This TDOA has an advantage as building a localization system easily, by reason of not require to detect a signal transmission time on the target side. On the other hand, TDOA has a challenge as position error increases rapidly outside the receiver collocation. By the way, if a TDOA system can get a range between a receiver and the target, it is possible for the system to utilize TOA (Time of Arrival) localization by complementing the target range. This paper considers a TOA localization method which converts each range difference to the target range. For comparison, another localization method by combining one range into range differences is also considered. As the result, it became clear that localization results by both methods were same. Also it was confirmed that both methods could achieve better accuracies than TDOA. And it is indicated by computer simulation that both methods can improve the TDOA challenge.
キーワード (和) TDOA / TOA / 広域マルチラテレーション / 測位 / 誤差解析 / / /  
(英) TDOA / TOA / Wide Area Multilateration / Localization / Error Analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 418, SANE2018-101, pp. 65-70, 2019年1月.
資料番号 SANE2018-101 
発行日 2019-01-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2018-101

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 基準局での目標距離観測値を使用したTDOA測位 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) TDOA Localization Using a Target Range Measurement in a Reference Station 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TDOA / TDOA  
キーワード(2)(和/英) TOA / TOA  
キーワード(3)(和/英) 広域マルチラテレーション / Wide Area Multilateration  
キーワード(4)(和/英) 測位 / Localization  
キーワード(5)(和/英) 誤差解析 / Error Analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 裕己 / Hiromi Miyazaki / ミヤザキ ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小菅 義夫 / Yoshio Kosuge / コスゲ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 俊幸 / Toshiyuki Tanaka / タナカ トシユキ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学大学院工学研究科 (略称: 長崎大)
Graduate School of Engineering, Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-01-25 10:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SANE 
資料番号 SANE2018-101 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数
発行日 2019-01-17 (SANE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会