お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-08 11:20
日本手話の多用途・3次元高精度データベースの開発
長嶋祐二工学院大)・○酒向慎司名工大)・渡辺桂子工学院大)・原 大介豊田工大)・堀内靖雄市川 熹千葉大WIT2018-62
抄録 (和) 手話は言語であるにもかかわらず,音声言語と比べて言語学,工学を含む関連諸分野での研究が進んでいない.この原因の1つは,言語学者や工学者など様々な分野の研究者が共通に利用できる汎用的なデータベース(DB)が存在しないためである.高精度な3次元手話動作データと手話映像が存在すれば,非手指動作を含めた手話の認識や動作分析において精密な解析が可能となり,手話理解のための方法論や工学的応用に寄与すると考えられる.本稿では,手話語彙のDBの構築方法について,手話語彙のデータ形式,DBに収録する手話の語彙の選定方法などについて検討し,構築中の日本手話データベースについて報告する. 
(英) Sign language is used by deaf people, and is a natural interactive visual language different from and independent of spoken language. Research on speech data of the Japanese language has vastly developed in the fields of engineering and linguistics. Research on sign language in the fields of engineering and linguistics, however, has lagged. One of the reasons is lack of a database available to any researcher. This research thus plans to discuss a methodology to construct a versatile database of Japanese sin language (JSL). An aim of this research is to construct an interdisciplinary database which can be used by a lot of researchers in the fields of engineering, cognitive science, linguistics and many others.
キーワード (和) 日本手話 / データベース / モーションキャプチャ / / / / /  
(英) Japanese sign language / database / motion capture / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 440, WIT2018-62, pp. 71-75, 2019年2月.
資料番号 WIT2018-62 
発行日 2019-01-31 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2018-62

研究会情報
研究会 WIT ASJ-H  
開催期間 2019-02-07 - 2019-02-08 
開催地(和) 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) 聴覚と福祉情報工学,一般 
テーマ(英) Psychological and Physiological Acoustics and Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2019-02-WIT-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本手話の多用途・3次元高精度データベースの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of General Purpose 3D high precision DB for Japanese sign language 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 日本手話 / Japanese sign language  
キーワード(2)(和/英) データベース / database  
キーワード(3)(和/英) モーションキャプチャ / motion capture  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長嶋 祐二 / Yuji Nagashima / ナガシマ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒向 慎司 / Shinji Sako / サコウ シンジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 桂子 / Keiko Watanabe / ワタナベ ケイコ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 大介 / Daisuke Hara / ハラ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 豊田工業大学 (略称: 豊田工大)
Toyota Institute of Technology (略称: Toyota Inst. of Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 靖雄 / Yasuo Horiuchi / ホリウチ ヤスオ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 熹 / Akira Ichikawa / イチカワ アキラ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-08 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 WIT2018-62 
巻番号(vol) 118 
号番号(no) no.440 
ページ範囲 pp.71-75 
ページ数
発行日 2019-01-31 (WIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会