お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 11:30
NDNベースのアドホック網におけるDoS耐性のあるPublish/Subscribe通信プロトコルに関する一考察
村井穏永武政淳二小泉佑揮長谷川 亨阪大IN2018-119
抄録 (和) 非同期グループ通信は、災害対応などのミッションクリティカルな作業中のメンバへのメッセージ同報に有用であり、Named Data Networking (NDN) 網において、Publish/Subscribe通信に基づくマルチキャストを応用したグループ通信が提案されている。しかしながら、プッシュ型のマルチキャスト通信であり、多数のメンバに無駄なパケットを送りつけるDenial of Service (DoS) 攻撃が容易に実現できる。これに対して、本稿では、送信されるメッセージについてフロー制御が可能なプル型のPublish/Subscribe通信プロトコルを設計し、災害時のネットワークが切断された環境を想定して、アドホック網で動作するように拡張する。 
(英) Asynchronous group communications are useful for delivering messages among members who perform mission critical tasks, such as disaster management. To achieve asynchronous group communications, several publish/subscribe systems for named data networking (NDN) are proposed. They are, however, vulnerable to denial of service (DoS) attacks, wherein adversaries send unnecessary packets to many members, since they rely on push-based multicasting. This paper designs a publish/subscribe protocol which is based on pull-based message delivery derived from NDN. With the proposed protocol, messages are pulled by receivers instead of pushing messages to receivers. This paper also extends the protocol so that it works on top of ad-hoc networks, assuming that it will be used on top of disrupted networks during disasters.
キーワード (和) NDN / 災害通信 / Publish/Subscribe通信 / DoS攻撃 / / / /  
(英) NDN / Disaster Communications / Publish/Subscribe Communication / DoS Attack / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 466, IN2018-119, pp. 211-216, 2019年3月.
資料番号 IN2018-119 
発行日 2019-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2018-119

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NDNベースのアドホック網におけるDoS耐性のあるPublish/Subscribe通信プロトコルに関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on a DoS Resilient Publish/Subscribe Protocol in NDN-based Ad-Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NDN / NDN  
キーワード(2)(和/英) 災害通信 / Disaster Communications  
キーワード(3)(和/英) Publish/Subscribe通信 / Publish/Subscribe Communication  
キーワード(4)(和/英) DoS攻撃 / DoS Attack  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 穏永 / Yasunaga Murai / ムライ ヤスナガ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武政 淳二 / Junji Takemasa / タケマサ ジュンジ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 佑揮 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 亨 / Toru Hasegawa / ハセガワ トオル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-03-05 11:30:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 IN 
資料番号 IN2018-119 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.211-216 
ページ数
発行日 2019-02-25 (IN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会