お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 12:15
画像の拡大における少数色の保存性を考慮した色量子化アルゴリズム
福田有輝也三澤秀明宇部高専)・田向 権九工大)・久保田良輔宇部高専)・車 炳キ麻生隆史九州情報大SIS2018-51
抄録 (和) 本報告では,限定色画像の拡大を行い,拡大後の画像に適用するカラーパレットを生成する手法を提案する.提案手法では,使用頻度の低い色の保存性を考慮した色量子化を行う.
提案手法では,タブレット等に実装することを考慮し,高速化された既存のパッケージを活用することを前提として,色量子化と拡大にはそれぞれK-means法とバイキュービック補間法を使用する.
具体的には,まず,入力画像をバイキュービック補間を用いて拡大し,その後,局所的な色誤差の大きさを考慮した色量子化をK-means法に基づいて行う.
実際のディジタル画像に提案手法を適用することで,その有効性を検証する. 
(英) In this report, we propose an image enlargement algorithm with a color quantization considering infrequent salient colors.
With underlying assumption that speeded-up packages can be utilized, the proposed method employs the traditional K-means and the bicubic interpolation packages for color quantization and enlargement, respectively.
In the proposed method, an input full-color image is enlarged by the bicubic interpolation.
Then, the colors of the enlarged image are quantized by the K-means algorithm with considering local quantization errors between original and color-reduced images.
We have verified the effectiveness of the proposed method through the experimental results.
キーワード (和) 色量子化 / 限定色画像 / 画像拡大 / 少数色 / K-means法 / / /  
(英) Color Image Quantization / restricted-color image / image enlargement / infrequent salient colors / K-means method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 473, SIS2018-51, pp. 75-80, 2019年3月.
資料番号 SIS2018-51 
発行日 2019-02-27 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685    Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2018-51

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-07 
開催地(和) 東京理科大学葛飾キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. Science, Katsushika Campus 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英) Soft Computing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2019-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像の拡大における少数色の保存性を考慮した色量子化アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Color Quantization Method Preserving Infrequent Salient Colors for Image Enlargement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色量子化 / Color Image Quantization  
キーワード(2)(和/英) 限定色画像 / restricted-color image  
キーワード(3)(和/英) 画像拡大 / image enlargement  
キーワード(4)(和/英) 少数色 / infrequent salient colors  
キーワード(5)(和/英) K-means法 / K-means method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 有輝也 / Yukiya Fukuda / フクダ ユキヤ
第1著者 所属(和/英) 宇部工業高等専門学校 (略称: 宇部高専)
National Insitute of Technology, Ube College (略称: NIT, UC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三澤 秀明 / Hideaki Misawa / ミサワ ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 宇部工業高等専門学校 (略称: 宇部高専)
National Insitute of Technology, Ube College (略称: NIT, UC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田向 権 / Hakaru Tamukoh / タムコウ ハカル
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyusyu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 良輔 / Ryosuke Kubota / クボタ リョウスケ
第4著者 所属(和/英) 宇部工業高等専門学校 (略称: 宇部高専)
National Insitute of Technology, Ube College (略称: NIT, UC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 車 炳キ / Byungki Cha / チャ ビョンキ
第5著者 所属(和/英) 九州情報大学 (略称: 九州情報大)
Kyusyu Institute of Information Sciences (略称: KIIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 麻生 隆史 / Takashi Aso / アソウ タカシ
第6著者 所属(和/英) 九州情報大学 (略称: 九州情報大)
Kyusyu Institute of Information Sciences (略称: KIIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-03-07 12:15:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 SIS 
資料番号 SIS2018-51 
巻番号(vol) vol.118 
号番号(no) no.473 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数
発行日 2019-02-27 (SIS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会