お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-04-11 13:05
複数ワイヤをクランプしたBCIプローブのモデル化方法
鵜生高徳赤堀一郎デンソーEMCエンジニアリングサービス)・原 洋一郎岩田泰範デンソーテクノEMCJ2019-1
抄録 (和) 本報告では,車載電子機器に対するEMC評価法の一つであるBCI試験法について,シミュレーションモデルを作成するための検討を行い, BCIプローブ部のintrinsicモデルを提案する.このモデルにおいて,BCIプローブのインダクタンスが十分に高い場合,BCIプローブ部が1:1のトランスと等価なはたらきをすることで,それぞれのワイヤに接続される線路もしくは負荷のアドミッタンスと各ワイヤに流れる電流の大きさが比例することを示す.このモデルはBCIプローブ内の漏れインダクタンスを考慮する場合でも,適用可能である.このモデルの妥当性は,複数ワイヤをクランプできる治具を用いた実験により検証された.さらにこのモデルを用いることで,ワイヤを1本クランプした状態におけるBCIプローブのSパラメータ計測結果から,複数ワイヤークランプ時のSパラメータが生成可能であることを示す. 
(英) In this paper, consideration is made to create a simulation model of the BCI test method, which is one of the EMC evaluation methods for in-vehicle electronic devices, and an intrinsic model of a BCI probe is provided. Using this model, it is demonstrated that when the impedance of the BCI probe is sufficiently high, the BCI probe serves as a transformer with a winding ratio of 1:1, and the admittance of a line or a load connected to each wire becomes proportional to the magnitude of current flowing in each wire. This model can also be applied when the leakage inductance inside the BCI probe is taken into consideration. The validity of this model is verified by experiment using a jig which can clamp multiple wires.
In addition, by using this model, it is demonstrated that the S-parameters for dozens of wires clamped in the BCI probe can be generated using the S-parameter measurement results from when one wire is in the BCI probe.
キーワード (和) BCI / ワイヤハーネス / 多条線 / バルクカレントインジェクション / / / /  
(英) BCI / Wire Harness / Multiple Wires / Bulk Current Injection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 1, EMCJ2019-1, pp. 1-6, 2019年4月.
資料番号 EMCJ2019-1 
発行日 2019-04-04 (EMCJ) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2019-1

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2019-04-11 - 2019-04-12 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) EMC一般 
テーマ(英) EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2019-04-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数ワイヤをクランプしたBCIプローブのモデル化方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Novel Modeling Method for Bulk Current Injection Probe Clamping Multiple Wires 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BCI / BCI  
キーワード(2)(和/英) ワイヤハーネス / Wire Harness  
キーワード(3)(和/英) 多条線 / Multiple Wires  
キーワード(4)(和/英) バルクカレントインジェクション / Bulk Current Injection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜生 高徳 / Takanori Uno / ウノウ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 株式会社デンソーEMCエンジニアリングサービス (略称: デンソーEMCエンジニアリングサービス)
DENSO EMC ENGINEERING SERVICE CORPORATION (略称: DENSO EMCES)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤堀 一郎 / Ichiro Akahori / アカホリ イチロウ
第2著者 所属(和/英) 株式会社デンソーEMCエンジニアリングサービス (略称: デンソーEMCエンジニアリングサービス)
DENSO EMC ENGINEERING SERVICE CORPORATION (略称: DENSO EMCES)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 洋一郎 / Yoichiro Hara / ハラ ヨウイチロウ
第3著者 所属(和/英) デンソーテクノ株式会社 (略称: デンソーテクノ)
DENSO TECHNO Co., Ltd. (略称: DENSO TECHNO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 泰範 / Yasunori Iwata / イワタ ヤスノリ
第4著者 所属(和/英) デンソーテクノ株式会社 (略称: デンソーテクノ)
DENSO TECHNO Co., Ltd. (略称: DENSO TECHNO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-04-11 13:05:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 EMCJ2019-1 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2019-04-04 (EMCJ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会