お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-05-16 15:35
[招待講演]データ主導社会での無線ネットワークプロトコル開発
川本康貴濱上卓磨OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・原 晋介阪市大NS2019-27
抄録 (和) データ主導社会におけるマルチホップネットワークについて議論する.まず,データ主導型社会のネットワークに求められる機能や特性を挙げ,これらを満たすプロトコルの仕様を議論する.次に,標準的なマルチホップ無線ネットワークプロトコルに比べて保守や開発が容易である,単機能で軽量コンパクトなアプリケーション特化型プロトコルの可能性について述べる.アプリケーション特化型プロトコルの具体例として,現在我々が開発中である,運動中の選手からリアルタイムに体調情報を収集するプロトコルの開発事例をあげ,その有効性を性能や保守・開発の観点から言及する. 
(英) Discuss multi-hop networks in Data-Driven Society. First, we discuss the capabilities and characteristics required of networks in a data-driven society, and we will discuss the protocol specifications that satisfy them. Next, we discuss the possibilities of lightweight, compact application-specific protocols. These protocols are easier to maintain and develop than existing standard protocols. Finally, as an example of an application-specific protocol, we will introduce an example of developing a protocol for collecting vital information from athletes in real time.
キーワード (和) マルチホップ / 通信プロトコル / アプリケーション主導 / / / / /  
(英) Multi-hop / Wireless communication protocol / Application specific protocol / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 29, NS2019-27, pp. 43-43, 2019年5月.
資料番号 NS2019-27 
発行日 2019-05-09 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-27

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2019-05-16 - 2019-05-17 
開催地(和) 工学院大学 新宿キャンパス 
開催地(英) Kogakuin Univ. (Shinjuku Campus) 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング,マルチキャスト,品質・経路制御),IPNWの利用技術(P2P,P4P,オーバレイ,SIP,NGN),ネットワークシステム関連技術(システム構成法,インタフェース,アーキテクチャ,ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア),セキュリティ,ブロックチェーン,一般 
テーマ(英) High level protocol, Networking technologies (IP and high-layer routing/filtering, Multicast, Quality/Routing control), IP network application technologies (P2P, P4P, Overlay, SIP, NGN), Network system related technologies (System configuration, Interface, Architecture, Hardware/Software/Middleware), Security, Blockchain etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データ主導社会での無線ネットワークプロトコル開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless network protocol development in data driven society 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップ / Multi-hop  
キーワード(2)(和/英) 通信プロトコル / Wireless communication protocol  
キーワード(3)(和/英) アプリケーション主導 / Application specific protocol  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川本 康貴 / Yasutaka Kawamoto / カワモト ヤスタカ
第1著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱上 卓磨 / Takuma Hamagami / ハマガミ タクマ
第2著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 龍介 / Ryusuke Miyamoto / ミヤモト リュウスケ
第4著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 晋介 / Shinsuke Hara / ハラ シンスケ
第5著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-05-16 15:35:00 
発表時間 45分 
申込先研究会 NS 
資料番号 NS2019-27 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.29 
ページ範囲 p.43 
ページ数
発行日 2019-05-09 (NS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会