お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-19 15:55
画像注視時の視線データを用いた関心の識別に関する検討 ~ 推定結果の統合による高精度化 ~
松本真直斉藤直輝小川貴弘長谷山美紀北大IMQ2019-4 HIP2019-32
抄録 (和) 本文では,ユーザの視線データに基づく画像に対する関心の識別手法を提案する.
提案手法では,正準相関分析 (CCA) により,画像およびそれに付与されているタグから算出される画像特徴量およびテキスト特徴量をユーザの視線データから算出される特徴量との相関が最大となるように変換することで,新たな特徴量を取得する.
視線データは,画像に対する関心との関連性が存在するため,CCAによる特徴変換を行うことで,ユーザの関心の高精度な識別を実現可能とする特徴量の算出が期待できる.
提案手法では,これらの特徴量をそれぞれ利用して構築されるExtreme Learning Machine (ELM)により,画像に対する関心の有無を識別する.
さらに,得られた識別結果をその確からしさに基づいて統合することで,最終的な識別結果を得る.
確信度を利用することで,識別に有効な特徴量を考慮した統合が可能となるため,画像に対するユーザの関心の高精度な識別が期待できる. 
(英) This paper presents an estimation method of user-specific interests for images.
The proposed method computes projections which maximize correlation between “eye gaze data which are collected while watching images” and “visual and text features” by utilizing Canonical Correlation Analysis (CCA).
Since eye gaze data reflect user's interests, new visual and text features reflecting user's interests can be calculated by using the obtained projections.
The proposed method estimates user-specific interests via Extreme Learning Machine (ELM) by using these features, respectively.
Futhermore, by integrating the estimation results based on their corresponding confidences factors, more accurate estimation of user-specific interests becomes feasible.
キーワード (和) 画像共有サービス / 視線データ / 正準相関分析 / 識別結果統合 / / / /  
(英) image-sharing service / eye gaze data / canonical correlation analysis / decision level fusion / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 131, IMQ2019-4, pp. 17-20, 2019年7月.
資料番号 IMQ2019-4 
発行日 2019-07-12 (IMQ, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2019-4 HIP2019-32

研究会情報
研究会 IMQ HIP  
開催期間 2019-07-19 - 2019-07-19 
開催地(和) 札幌市立大学 サテライトキャンパス 
開催地(英) Satellite Campus, Sapporo City University 
テーマ(和) イメージ・メディア・クオリティ及びヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Image Media Quality and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2019-07-IMQ-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像注視時の視線データを用いた関心の識別に関する検討 
サブタイトル(和) 推定結果の統合による高精度化 
タイトル(英) A Note on Eye Gaze Based User-specific Interest Estimation for Images 
サブタイトル(英) Performance Improvement Based on Decision Level Fusion 
キーワード(1)(和/英) 画像共有サービス / image-sharing service  
キーワード(2)(和/英) 視線データ / eye gaze data  
キーワード(3)(和/英) 正準相関分析 / canonical correlation analysis  
キーワード(4)(和/英) 識別結果統合 / decision level fusion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 真直 / Masanao Matsumoto / マツモト マサナオ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 直輝 / Naoki Saito / サイトウ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 貴弘 / Takahiro Ogawa / オガワ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama / ハセヤマ ミキ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-19 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IMQ2019-4, HIP2019-32 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.131(IMQ), no.132(HIP) 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数
発行日 2019-07-12 (IMQ, HIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会