お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-30 10:25
ディジタル共振器を用いたクレーン振れ角推定法と屋外実験
堀江直貴中本昌由山本 透広島大SIP2019-46
抄録 (和) 現在,クレーンは建設現場や倉庫,埠頭といった場所で数多く用いられているが,吊り荷を移動させる際に振れが生じる.
その振れ止め制御は効率や安全性の向上につながるため,現代制御の問題として注目を集めている.
クレーンの振れ止め制御を行うにあたり振れ角の計測が必須となるが,大型機械に対しエンコーダのような接触型センサによる計測は困難である.
そこで本研究では,3つのマイクロホンの利用による音響信号処理に基づき振れ角を検出する.
本手法の特徴としては,非接触センサであること,取り付け位置の自由度が高いこと,導入やメンテナンスにかかるコストが低いことが挙げられる.
本手法では吊り具およびフックから音響信号を発生させ,3つのマイクロホンで観測することにより振れ角を計測することを考える.
しかしながら,実際のクレーンが設置されている建設現場には屋外の騒音や気流等が存在する.
そのため,音響信号を用いた測定ではノイズの影響を受け,推定精度が低下してしまう.
そこで,本研究ではディジタル共振器を用いた振れ角の推定法を提案する.
音響信号を用いた屋外測定において,ディジタル共振器を適用することでノイズを除去し,振れ角の推定精度を向上させる. 
(英) The cranes are well used in field such as transportation of load in construction field, factory and dock.
Since anti-swing control leads to an improvement in efficiency and safety, the study is very attractive in the field of modern control.
For anti-swing control of crawler cranes, a deflection angle must be estimated.
However, it is difficult to measure the deflection angle with a contact sensor.
In this study, we estimate the deflection angle based on an acoustic signal by using three microphones.
The features of our method are non-contact sensors, hight flexibility of installation, low cost of introduction and maintenance.
However, in a situation where cranes are employed, the observe signals are influenced by outdoor noise and air flow.
We show a new measurement method for the deflection angle with digital resonator.
By field experiment with an acoustic signal, we improved the estimation accuracy with digital resonator.
キーワード (和) クローラクレーン / マイクロホン / 非接触センサ / ディジタル共振器 / 屋外実験 / / /  
(英) crawler crane / microphones / non-contact sensors / digital resonator / field experiment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 185, SIP2019-46, pp. 35-40, 2019年8月.
資料番号 SIP2019-46 
発行日 2019-08-22 (SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2019-46

研究会情報
研究会 SIP  
開催期間 2019-08-29 - 2019-08-30 
開催地(和) 東京理科大学 葛飾キャンパス講義棟304 
開催地(英)  
テーマ(和) 数理,学習,信号処理一般(画像・音声音響・通信・実現システム・基礎等) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2019-08-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタル共振器を用いたクレーン振れ角推定法と屋外実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Sway Angle Estimation for Crane with Digital Resonator and Its Field Experiment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クローラクレーン / crawler crane  
キーワード(2)(和/英) マイクロホン / microphones  
キーワード(3)(和/英) 非接触センサ / non-contact sensors  
キーワード(4)(和/英) ディジタル共振器 / digital resonator  
キーワード(5)(和/英) 屋外実験 / field experiment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀江 直貴 / Naoki Horie / ホリエ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中本 昌由 / Masayoshi Nakamoto / ナカモト マサヨシ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 透 / Toru Yamamoto / ヤマモト トオル
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-08-30 10:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 SIP 
資料番号 SIP2019-46 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.185 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数
発行日 2019-08-22 (SIP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会