お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-04 14:25
深層学習を用いた顔写真からの挺舌検出
唐 啓超ヤン テイショウ吉村裕一郎並木隆雄中口俊哉千葉大IMQ2019-7
抄録 (和) 舌は全身の鏡とも呼ばれ,全身状態を反映して様々な変化を呈する.将来は日常生活において舌を無意識に観察することで,健康状態のモニタリングや予防医療の実現が期待されている.その要素技術として,任意に露出した舌を高精度に検出することが求められる.そこで本研究では深層学習を用いて顔写真から挺舌(舌を出すこと)を自動的に検出する.前段の処理では顔写真から挺舌の有無を検出し,後段の処理では挺舌された舌形状を抽出する.提案手法により高精度な挺舌検出および舌形状抽出が可能となった. 
(英) The tongue, also known as the mirror of whole body, reflects state of whole body and presents various changes. In the future, through unconscious observation of tongue in daily life, health monitoring and preventive medicine can be realized. As a key technology, the tongue with arbitrary exposure should be detected with high precision. Therefore, this study uses deep learning technology to automatically detect tongue (tongue extension) from face photos, detect whether tongue is protruded from face photos in the front processing, and extract protruded tongue shape in the back processing. The proposed method achieves high-precision tongue detection and tongue shape extraction.
キーワード (和) 舌検出 / 舌形状抽出 / 深層学習 / / / / /  
(英) Tongue detection / Tongue shape extraction / Deep Learning / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 215, IMQ2019-7, pp. 11-18, 2019年10月.
資料番号 IMQ2019-7 
発行日 2019-09-27 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2019-7

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2019-10-04 - 2019-10-04 
開催地(和) 大阪大学 吹田キャンパス 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 画像処理とIMQ一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2019-10-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 深層学習を用いた顔写真からの挺舌検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Tongue detection from facial photographs using deep learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 舌検出 / Tongue detection  
キーワード(2)(和/英) 舌形状抽出 / Tongue shape extraction  
キーワード(3)(和/英) 深層学習 / Deep Learning  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐 啓超 / Qichao Tang / トウ ケイチョウ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ヤン テイショウ / Tingxiao Yang / ヤン テイショウ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 裕一郎 / Yuichiro Yoshimura / ヨシムラ ユウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 並木 隆雄 / Takao Namiki / ナミキ タカオ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中口 俊哉 / Toshiya Nakaguchi / ナカグチ トシヤ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-10-04 14:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IMQ2019-7 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.11-18 
ページ数
発行日 2019-09-27 (IMQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会