お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-19 15:50
多面的・多角的な思考を促す平和教育の実践 ~ 全天球VR教材の活用を通して ~
片山桂維瀬戸崎典夫長崎大ET2019-45
抄録 (和) 全天球カメラやタブレット端末の普及により,VR環境の提示が比較的容易となった.また,平和教育における日本の加害と被害の両面からの学びは,次世代の平和教育として重要な観点とも言える.そこで,本研究では,全天球VR教材を活用し,戦争の加害と被害について学ぶ平和教育を実践した.その結果,児童らは原爆投下に対して複数視点から考察することができた.また,児童らの原爆投下に対する考えを揺さぶることができ,多面的・多角的な思考を促し得ることが示唆された. 
(英) With the widespread use of Special Panorama Cameras and tablet devices, presentation of VR environment has become relatively easy. In addition, it is an important viewpoint for peace education of the next generation to learn from both the harm and damage of Japan in peace education. Therefore, in this study, we conducted a practice class of peace education to learn about the harm and damage of war using spherical panorama Virtual Reality (VR) learning material. The results of this study show pupils were able to consider the atomic bombing from multiple viewpoints. It was also suggested that pupil’s thoughts about the atomic bombing could be swayed and encouraged multifaceted and multilateral thinking.
キーワード (和) バーチャルリアリティ / 平和教育 / 授業実践 / 批判的思考 / / / /  
(英) Virtual Reality / Peace Education / Practice Class / Critical Thinking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 236, ET2019-45, pp. 75-78, 2019年10月.
資料番号 ET2019-45 
発行日 2019-10-12 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2019-45

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2019-10-19 - 2019-10-19 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) University of the Ryukyus 
テーマ(和) 論理的思考力とプログラミング教育/一般 
テーマ(英) Logical Thinking Ability and Programming Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2019-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多面的・多角的な思考を促す平和教育の実践 
サブタイトル(和) 全天球VR教材の活用を通して 
タイトル(英) Practice of Peace Education to Promote Multifaceted and Multilateral Thinking 
サブタイトル(英) Through Using VR Learning Materials 
キーワード(1)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual Reality  
キーワード(2)(和/英) 平和教育 / Peace Education  
キーワード(3)(和/英) 授業実践 / Practice Class  
キーワード(4)(和/英) 批判的思考 / Critical Thinking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 桂維 / Kei Katayama / カタヤマ ケイ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬戸崎 典夫 / Norio Setozaki / セトザキ ノリオ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-19 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 ET2019-45 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.236 
ページ範囲 pp.75-78 
ページ数
発行日 2019-10-12 (ET) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会