お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-22 15:20
マルチパスTCPと既存TCPが混在した場合の輻輳制御手順の実験的評価
春山志歩山本 嶺大坐畠 智加藤聰彦電通大CQ2019-105
抄録 (和) マルチパスTCP (MPTCP) では,サブフロー間の輻輳制御ウィンドウ増加を抑制するLinked Increase Adaptation (LIA) が標準的に用いられている.LIAはTCP Renoを基に輻輳制御を行うため,CUBIC TCPなどの高速TCPの輻輳制御と混在した場合,スループットなどの通信性能の劣化が想定される.そこで,MPTCPのスループットを向上させるため,LIAを修正したOpportunistic Linked Increase Algorithm (OLIA) 及びBalanced Linked Increase Algorithm (BALIA) が提案されている.しかし,それらの輻輳ウィンドウの増加も,基本的にはTCP Renoに基づいて制御されるため,高遅延環境下では高速アルゴリズムと比較し,通信性能が劣化すると考えられる.本論文では, MPTCPコネクションと既存のTCPコネクションが輻輳するリンクで混在した場合の性能評価結果について示す. 
(英) Multipath TCP (MPTCP) defines its own congestion control algorithm called Linked Increase Adaptation (LIA). Since an increase of congestion window is based on TCP Reno in LIA, the performance of MPTCP connections might be degraded compared with high-speed TCP congestion control algorithms, such as CUBIC TCP. To improve the throughput of LIA, two modified congestion control algorithms called Opportunistic Linked Increase Algorithm (OLIA) and Balanced Linked Increase Algorithm (BALIA) are proposed. However, since these algorithms also follow TCP Reno, it is possible that their performance is degraded compared with high-speed congestion control algorithms. In this paper, we discuss the results of experimental performance evaluation in the configuration that MPTCP and conventional TCP share a congested link.
キーワード (和) MPTCP / 輻輳制御 / LIA / OLIA / BALIA / TCP Reno / CUBIC TCP /  
(英) MPTCP / Congestion Control / LIA / OLIA / BALIA / TCP Reno / CUBIC TCP /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 298, CQ2019-105, pp. 95-100, 2019年11月.
資料番号 CQ2019-105 
発行日 2019-11-14 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2019-105

研究会情報
研究会 NS ICM CQ NV  
開催期間 2019-11-21 - 2019-11-22 
開催地(和) 神戸大学 六甲台第2キャンパス 
開催地(英) Rokkodai 2nd Campus, Kobe Univ. 
テーマ(和) ネットワーク品質,ネットワーク計測・管理,ネットワーク仮想化,ネットワークサービス,ブロックチェーン,セキュリティ,ネットワークインテリジェンス・AI,一般
注:NV研究会は発表申込み締切日が異なります。NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Network quality, Network measurement/management, Network virtualization, Network service, Blockchain, Security, Network intelligence, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-11-NS-ICM-CQ-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチパスTCPと既存TCPが混在した場合の輻輳制御手順の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Study on Congestion Control for Multipath TCP and Conventional TCP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MPTCP / MPTCP  
キーワード(2)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(3)(和/英) LIA / LIA  
キーワード(4)(和/英) OLIA / OLIA  
キーワード(5)(和/英) BALIA / BALIA  
キーワード(6)(和/英) TCP Reno / TCP Reno  
キーワード(7)(和/英) CUBIC TCP / CUBIC TCP  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 春山 志歩 / Shiho Haruyama / ハルヤマ シホ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坐畠 智 / Satoshi Ohzahata / オオザハタ サトシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 聰彦 / Toshihiko Kato / カトウ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-22 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 CQ2019-105 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数
発行日 2019-11-14 (CQ) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会