お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-22 15:30
[ポスター講演]オブジェクト音とフィールド音の分離に基づくアップミックス法の主観評価
渡辺龍太郎後藤康人安藤彰男富山大EA2019-59 EMM2019-87
抄録 (和) 複数チャネルを持つ音響信号を、音の方向情報を担うオブジェクト音と、音の広がり感を担うフィールド音に分離し、アップミックスすることで、音の臨場感が向上すると考えられる。我々は、今まで、音響信号からチャネル間コヒーレント成分を推定することにより、直接音と拡散音に分離する方法を研究してきた。本稿では、この方法を用いたアップミックス音を、主観評価実験により評価した結果について報告する。主観評価実験では、8チャネル原音を4チャネルへダウンミックスした後、4チャネルダウンミックス音を、提案法を用いて、8チャネルへアップミックスして、臨場感の観点から8チャネル原音と比較評価する。本実験では、8チャネルを中間層4チャネル、上層4チャネルで構成し、上層の仰角は20°と30°の2通りで設定した。 
(英) It is considered that the sense of reality of sound is improved by upmixing a multichannel audio signal such that the signal is separated into an object sound responsible for a sound direction and a field sound responsible for a listener envelopment. Up to now, we have studied a method for separating direct and diffuse sounds by estimating inter-channel coherent components from acoustic signals. In this paper, we report the result of evaluating the upmix sound with the proposed method by subjective evaluation experiments.
キーワード (和) 3次元音響信号 / 信号分離 / 相互相関係数 / 主観評価 / / / /  
(英) 3D Audio Signal / Signal separation / Cross Correlation Coefficient / Subjective evaluation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 306, EA2019-59, pp. 35-40, 2019年11月.
資料番号 EA2019-59 
発行日 2019-11-15 (EA, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2019-59 EMM2019-87

研究会情報
研究会 EA EMM  
開催期間 2019-11-22 - 2019-11-23 
開催地(和) 金沢工業大学 扇が丘キャンパス(野々市市) 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) <ビギナーズセッション>応用/電気音響,コンテンツ処理,情報ハイディング,音楽音響,一般 
テーマ(英) [Beginners Session] Engineering/Electro Acoustics, Content Processing, Digital Watermarking, Musical Acoustic, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2019-11-EA-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オブジェクト音とフィールド音の分離に基づくアップミックス法の主観評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Subjective evaluation of upmix method based on separation of object and field sounds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元音響信号 / 3D Audio Signal  
キーワード(2)(和/英) 信号分離 / Signal separation  
キーワード(3)(和/英) 相互相関係数 / Cross Correlation Coefficient  
キーワード(4)(和/英) 主観評価 / Subjective evaluation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 龍太郎 / * * / * *
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
* (略称: *)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 康人 / * * / * *
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
* (略称: *)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 彰男 / * * / * *
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
* (略称: *)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-11-22 15:30:00 
発表時間 90分 
申込先研究会 EA 
資料番号 EA2019-59, EMM2019-87 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.306(EA), no.307(EMM) 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数
発行日 2019-11-15 (EA, EMM) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会