お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-23 14:15
属性が性格に及ぼす作用の存在解明のためのツイッターユーザの属性抽出と性格ベクトル化
石川晴貴荒澤孔明服部 峻室蘭工大IN2019-66
抄録 (和) 我々人間には性別,人種や宗教など様々な属性が存在する.このような属性は少なからずその属性の所有者である我々に対し,影響を与えているのではないであろうか.例えば,自分がスポーツを趣味としているのならば,その趣味によって何らか性格に変化がもたらされているのではないかということである.仮に属性がその所有者の性格に作用しているのならば,人間に新しく属性を付与することでその性格を変化させられる可能性がある.また,その属性が性格に対し,どういった作用を及ぼしているのかについて解明することができれば,目的に沿って,例えば,うつ病や躁うつ病などの気分障害の予防や症状の緩和などにも応用できるのではないかと考える.そこで本稿では,SNSの分析を用いて,属性が性格に及ぼす作用の存在解明を行うことを目的としたツイッターユーザの属性抽出と性格ベクトル化の手法を提案する. 
(英) We, humans, have various properties such as gender, race, and religion. Such a property could have an influence on us who are the owners of those properties. For example, if you have sports as one of your hobby, then the hobby may have changed your personality. If a property affects the personality of the owner, it may be possible to change the personality by assigning a new property to a person. In addition, if it is possible to elucidate what kinds of effects the property has on the personality, it may be applicable to prevention of mood disorders such as depression and manic depression. Therefore, this paper proposes a method for property extraction and personality vectorization of Twitter users for the purpose of clarifying the existence of the effects of properties on personality using SNS analysis.
キーワード (和) 属性抽出 / 性格ベクトル化 / SNS分析 / 機械学習 / / / /  
(英) Property Extraction / Personality Vectorization / SNS Analysis / Machine Learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 384, IN2019-66, pp. 7-12, 2020年1月.
資料番号 IN2019-66 
発行日 2020-01-16 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-66

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス 
開催地(英) WINC AICHI 
テーマ(和) コンテンツ配信/流通、ソーシャルネットワーク(SNS)、データ分析・処理基盤、ビッグデータ及び一般 
テーマ(英) Contents Distribution, Social Networking Services, Data Analytics and Processing Platform, Big data, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-01-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 属性が性格に及ぼす作用の存在解明のためのツイッターユーザの属性抽出と性格ベクトル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Property Extraction and Personality Vectorization of Twitter Users for Clarifying the Existence of Property's Effects on Personality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 属性抽出 / Property Extraction  
キーワード(2)(和/英) 性格ベクトル化 / Personality Vectorization  
キーワード(3)(和/英) SNS分析 / SNS Analysis  
キーワード(4)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 晴貴 / Haruki Ishikawa / イシカワ ハルキ
第1著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒澤 孔明 / Komei Arasawa / アラサワ コウメイ
第2著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 峻 / Shun Hattori / ハットリ シュン
第3著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-01-23 14:15:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IN 
資料番号 IN2019-66 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2020-01-16 (IN) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会