お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 15:40
大型商業施設における避難行動シミュレーション
大代浩一朗高田 響中村紀香伊藤 尚富山高専CAS2019-93 ICTSSL2019-62
抄録 (和) 本研究において,避難行動マルチエージェントシミュレーションモデルを用いて,誘導者の有無が避難時間に与える影響を調査する.具体的には,災害が発生した場合における大型商業施設を想定した仮想空間でどのような避難行動をとるべきか,避難者,誘導者の人数に対する避難完了時間の関係を調査していく.結果として,避難エージェント数が多いほど避難により多くの時間がかかることが確認できた.今後の課題として,誘導者を配置した場合,さらにアクセスポイントから最適な避難指示を直接避難者に与えた場合の避難者数と避難時間の関係を調査していく. 
(英) In this study, we investigate the effect of the presence of a guide on the evacuation time using a multi-agent simulation model of evacuation behavior. Specifically, we investigate what evacuation behavior should be performed in a virtual space assuming a large commercial facility in the event of a disaster, and investigate the relationship between the number of evacuees and the number of evacuees and the evacuation completion time. As a result, it was confirmed that the more evacuation agents, the more time it takes to evacuate. As a future task, we will investigate the relationship between the number of evacuees and the evacuation time when an instructor is placed and when an optimal evacuation instruction is given directly to evacuees from an access point.
キーワード (和) 避難行動 / マルチエージェントシミュレーション / 誘導者 / / / / /  
(英) Evacuation Behavior / Multi-Agent Simulation / Guiders / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 400, CAS2019-93, pp. 149-152, 2020年1月.
資料番号 CAS2019-93 
発行日 2020-01-23 (CAS, ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2019-93 ICTSSL2019-62

研究会情報
研究会 ICTSSL CAS  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生セッション,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2020-01-ICTSSL-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大型商業施設における避難行動シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evacuation behavior simulation in large-scale commercial facilities 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 避難行動 / Evacuation Behavior  
キーワード(2)(和/英) マルチエージェントシミュレーション / Multi-Agent Simulation  
キーワード(3)(和/英) 誘導者 / Guiders  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大代 浩一朗 / Koichiro Daidai / ダイダイ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology , Toyama College (略称: NITT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 響 / Kyou Takata / タカタ キョウ
第2著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology , Toyama College (略称: NITT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 紀香 / Norika Nakamura / ナカムラ ノリカ
第3著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology , Toyama College (略称: NITT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 尚 / Nao Itou / イトウ ナオ
第4著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
National Institute of Technology , Toyama College (略称: NITT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-31 15:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 CAS2019-93, ICTSSL2019-62 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.400(CAS), no.401(ICTSSL) 
ページ範囲 pp.149-152 
ページ数
発行日 2020-01-23 (CAS, ICTSSL) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会