お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-03 12:35
周波数領域ベルベットノイズを用いた残響時間の実時間可視化の検討
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・水町光徳九工大)・森勢将雅明大)・坂野秀樹名城大EA2019-159 SIP2019-161 SP2019-108
抄録 (和) 時間伸長パルスの一種である周波数領域ベルベットノイズ (FVN) を用いた実時間室内音響可視化の方法を 検討している。これまで、二値直交系列を重みとして、個別の FVN を一定の時間間隔で配置することにより、直交す る系列を任意個数生成する方法を明らかにし、音響計測に応用する方法を提案してきた。この系列を用いることによ り、同時に複数の音響経路を計測でき、また、それらの系列を混合した信号を用いることで、一回の計測で、音響シ ステムの線形時不変成分と、非線形時変成分の影響を同時に求めることができる。ここでは、この配置間隔の 4 倍の 長さの応答を、同時に求めることができることを示す。最後に、FVN により求められたインパルス応答の wavelet 変 換に基づく方法と、インパルス応答から求められる群遅延を利用する方法を用いて、残響時間を推定する方法を検討 する。また、それらを対話的実時間音響計測ツールに実装する方法について議論する。 
(英) We introduce a wavelet-based method for real-time visualization of reverberation time for extending acoustic measurement based on the frequency domain variant of velvet noise (FVN). For application to acoustic measurement, we introduced a method to construct orthogonal set of sequences by allocating individual FVNs with orthogonal binary sequences for weighting. The proposed set of sequences enable simultaneous measurement of multiple acoustic paths. The mixture of the set also enables one-shot measurement of linear and non-linear responses of an acoustic system. In addition to these merit, we introduce a method to calculate the four-times longer impulse response than the allocation interval. We discuss about integration of the proposed method to the interactive and real-time acoustic measurement tool based on FVN. We also discuss about failure of group-delay for estimating reverberation time from the acoustic impulse response.
キーワード (和) インパルス応答 / 周波数領域ベルベットノイズ / 残響時間 / 群遅延 / wavelet変換 / / /  
(英) impulse response / frequency domain variant of velvet noise / reverberation time / group delay / wavelet transform / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 439, EA2019-159, pp. 337-342, 2020年3月.
資料番号 EA2019-159 
発行日 2020-02-24 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2019-159 SIP2019-161 SP2019-108

研究会情報
研究会 SP EA SIP  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2020-03-SP-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数領域ベルベットノイズを用いた残響時間の実時間可視化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-time visualization of reverberation time using frequency domain variants of velvet noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インパルス応答 / impulse response  
キーワード(2)(和/英) 周波数領域ベルベットノイズ / frequency domain variant of velvet noise  
キーワード(3)(和/英) 残響時間 / reverberation time  
キーワード(4)(和/英) 群遅延 / group delay  
キーワード(5)(和/英) wavelet変換 / wavelet transform  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 英紀 / Hideki Kawahara / カワハラ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 健一 / Ken-Ichi Sakakibara / サカキバラ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 北海道医療大学 (略称: 北海道医療大)
Health Science University of Hokkaido (略称: Health Science Univ. Hokkaido)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水町 光徳 / Mitsunori Mizumachi / ミズマチ ミツノリ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森勢 将雅 / Masanori Morise / モリセ マサノリ
第4著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji Universityi (略称: Meiji Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 秀樹 / Hideki Banno / バンノ ヒデキ
第5著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-03-03 12:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EA 
資料番号 EA2019-159, SIP2019-161, SP2019-108 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.439(EA), no.440(SIP), no.441(SP) 
ページ範囲 pp.337-342 
ページ数
発行日 2020-02-24 (EA, SIP, SP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会