お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 16:25
視覚障害の児童生徒用プログラミング教育教材の検討
小林 真筑波技大)・滝沢穂高大矢晃久筑波大WIT2019-49
抄録 (和) 国内のプログラミング教育は,2020年度から小学校において必修化されるなど,その対象が低年齢化してきている.必修化は教科教育の中でプログラミング的思考を育成することが趣旨ではあるものの,文部科学省の手引きではコンピュータの利用が推奨され,ビジュアル型プログラミング言語を使った事例も紹介されている.しかし,盲学校や特別支援学校で学ぶ重度の視覚障害のある児童や生徒はその利用が難しい.そこで本稿では,Arduinoを用いたプログラミング学習教材を提案し,環境構築や学習内容について検討する.提案する教材は,スクリーンリーダーで操作可能な点,安価でコンパクトなハードウェアを用いることで自宅での学習も可能な点,初心者でも操作できるよう極力キーボード操作を少なくした点などが特徴である. 
(英) In Japan, the programming education in elementary school will be compulsory from fiscal year 2020. It can be said that the targeted age of students shifts lower and lower. The main purpose of being compulsory is not to teach programming skills but to cultivate abilities of programming thinking. However, the guidebook published by MEXT(Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology) encourages to use computers and introduces examples of using visual programming tools. This situation embarrasses visually impaired students who study in special schools for the blind or classes with special needs, because they have difficulty to use such kind of visual tools. Therefore, we propose a programming educational tool for children with visual impairment and make a study of the environment and contents in this paper. The proposed tool is based on Arduino and the programming environment can be operated with only a screen reader. The main advantage is that it can be brought to students’ home because of the low cost. In addition, we prepared an environment in which students do not need to press a large number of keys to make the operation easy.
キーワード (和) 視覚障害 / プログラミング教育 / スクリーンリーダー / Arduino / / / /  
(英) Visual Impairment / Programming Education / Screen Reader / Arduino / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 478, WIT2019-49, pp. 57-62, 2020年3月.
資料番号 WIT2019-49 
発行日 2020-03-06 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2019-49

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-15 
開催地(和) 筑波技術大学春日キャンパス講堂 
開催地(英) Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2020-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障害の児童生徒用プログラミング教育教材の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Programming Educational Tools for Children with Visual Impairment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障害 / Visual Impairment  
キーワード(2)(和/英) プログラミング教育 / Programming Education  
キーワード(3)(和/英) スクリーンリーダー / Screen Reader  
キーワード(4)(和/英) Arduino / Arduino  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真 / Makoto Kobayashi / コバヤシ マコト
第1著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: NTUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 穂高 / Hotaka Takizawa / タキザワ ホタカ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大矢 晃久 / Akihisa Ohya / オオヤ アキヒサ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-03-13 16:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 WIT 
資料番号 WIT2019-49 
巻番号(vol) vol.119 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数
発行日 2020-03-06 (WIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会