お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 15:20
発声に付与される残響音によるロケーション認識
曽根悠司中島佐和子水戸部一孝秋田大WIT2019-47
抄録 (和) 近年,情報技術は大きく発展し,画像,動画,音,バイタルサインなど様々なコンテンツを用いて個人の体験を記録し,管理することができるようになった.しかしながら,体験記録技術として画像や動画などの視覚コンテンツを用いたアプリケーションは充実する一方で,訪れた場所や空間で体験した身体反応を考慮したインタラクティブな技術は皆無に等しく,聴覚を通じて得られる地域の特性や風土を記録し残すには十分とはいえない.本研究では,過去に開発した,任意のロケーションの残響をリアルタイムにシミュレート可能なシステムを用いて,残響知覚によるロケーション認識と発声変化を調べた. 
(英) In recent years, Internet-related services have evolved greatly, and lots of personal experiences can be recorded and stored using various methods such as images, videos, sounds and vital signs. However, interactive tools considering physical responses perceived in the place and space where users visit have not discovered yet. Moreover, contrary to visual contents, such as images and videos, sounds reflecting human hearing characteristics have not enough been utilized. The way of convey the natural and cultural features of regions through internet are limited. In this study, we used a system that can simulate the reverberation of an arbitrary location in real time developed before, and evaluated location recognition and psychological effect perceived by reverberation simulated using users' utterance.
キーワード (和) 残響音 / 発声 / 聴覚 / インタラクティブ / ライフログ / / /  
(英) Reverberation / Utterance / Voice / Hearing / Interactive / Lifelog / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 478, WIT2019-47, pp. 51-54, 2020年3月.
資料番号 WIT2019-47 
発行日 2020-03-06 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2019-47

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-15 
開催地(和) 筑波技術大学春日キャンパス講堂 
開催地(英) Tsukuba University of Technology 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2020-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 発声に付与される残響音によるロケーション認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of speech reverberation on location recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 残響音 / Reverberation  
キーワード(2)(和/英) 発声 / Utterance  
キーワード(3)(和/英) 聴覚 / Voice  
キーワード(4)(和/英) インタラクティブ / Hearing  
キーワード(5)(和/英) ライフログ / Interactive  
キーワード(6)(和/英) / Lifelog  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根 悠司 / Yuji Sone / ソネ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 佐和子 / Sawako Nakajima / ナカジマ サワコ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水戸部 一孝 / Kazutaka Mitobe / ミトベ カズタカ
第3著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 WIT2019-47 
巻番号(vol) 119 
号番号(no) no.478 
ページ範囲 pp.51-54 
ページ数
発行日 2020-03-06 (WIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会