お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-06-29 10:45
Experimental Investigation of Energy Detection in an Outdoor Environment for Dynamic Spectrum Sharing at Millimeter Wave Bands
Hanpinitsak PanawitMurakami KosukeKang CheChiaSaito KentaroTakada Jun-ichiTokyo TechSRW2020-2
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) The spectrum sharing scheme has been proposed to combat the frequency spectrum scarcity issues. Furthermore, as the amount of data-hungry applications keeps increasing, this scheme may be utilized in the millimeter-wave bands which have been allocated for International Mobile Telecommunications (IMT). Thus, this paper presents the preliminary investigation of the energy detector in an outdoor environment at 25.19 GHz band. For the developed portable receiver (Rx) system, the 10 dBi or 20 dBi horn antenna was mounted on the stepper motor, which rotates in the horizontal direction and was controlled by the Arduino and motor driver via the PC. The antenna was connected to the handy spectrum analyzer (SA) to measure the power spectrum. The SA was also attached to the GPS module to obtain the spatial position. In the measurement, the transmitter (Tx) was the commercial low power data communication system located on the rooftop of a 14 m height building. It has the gain and half power beamwidth of 31.5 dBi and 4 degrees, respectively. The aperture of the Tx was directed horizontally and parallel to the street in front of the building. The Rx was put on a cart and positioned along the same street. Thus, it was within the line-of-sight (LOS) of the Tx. At each position, the GPS coordinates and power spectra at different azimuth angles were recorded. The test statistics of each angle were then computed from the maximum value of the spectrum over the frequency span. The results showed that almost only the LOS signal could be observed for the 10 dBi antenna. On the contrary, both LOS and backscattering components from the building opposite of the Tx were detected for the 20 dBi antenna. The LOS was the dominant mechanism when the Rx was located more than roughly 70 m from the Tx. In other positions, the backscattering paths were the major mechanism. However, in these positions, the LOS signal could be detected slightly easier in the case of the 10 dBi antenna due to the wider antenna beamwidth. This implied that if the backscattering signals were not present, the antenna with narrower beamwidth should be suitable for detection when the sensor is sufficiently far from the Tx. In other cases, the wider beamwidth antenna should be a better choice.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Spectrum Sharing / Millimeter Wave / Energy Detector / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 81, SRW2020-2, pp. 3-3, 2020年6月.
資料番号 SRW2020-2 
発行日 2020-06-22 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2020-2

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2020-06-29 - 2020-06-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) WLAN,WPAN,Ad-hoc関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Ad-hoc, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2020-06-SRW 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Investigation of Energy Detection in an Outdoor Environment for Dynamic Spectrum Sharing at Millimeter Wave Bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Spectrum Sharing  
キーワード(2)(和/英) / Millimeter Wave  
キーワード(3)(和/英) / Energy Detector  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ハンピニットサック パナウィット / Hanpinitsak Panawit / ハンピニットサック パナウィット
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 厚介 / Murakami Kosuke / ムラカミ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 康 哲嘉 / Kang CheChia / コウ テツカ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 健太郎 / Saito Kentaro / サイトウ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Takada Jun-ichi / タカダ ジュンイチ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-06-29 10:45:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 SRW 
資料番号 SRW2020-2 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.81 
ページ範囲 p.3 
ページ数
発行日 2020-06-22 (SRW) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会