お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-11 13:25
ハイブリッドデジタル進化仮説 ~ インターネットと脳内メカニズムを統合して言語情報の信頼性を高める ~
得丸久文著述業R2020-6
抄録 (和) 我々人類は,言語信号の物理的進化と脳内処理回路の論理的進化の相互作用によって,現在に至った. 信号は,音節⇒文字⇒電子化と進化し,それに対応すべく脳内で文法処理⇒概念操作のための論理的処理回路が生 みだされた.今日,電子化とインターネット等により,言語的人類は第三の論理進化のときを迎え,「きわめて大量 だが信頼性の保証のない言語情報」を入手できるようになった.脳内言語処理回路はどのように進化すればよいの か.それによって我々は何ができるようになるのか.本稿は,言語情報の信頼性を阻害する雑音要因を除去して, 著作をくり返し読むと,著者の意識と一体化して,著者のやり残した仕事を引き継ぐことができることを示す. 
(英) Human beings are results of interactions between physical evolution of linguistic signals and logical evolution of in-brain linguistic processing circuits. Signals evolved from Speech voice, a Character set, and Electronic information, while corresponding logical processing circuits were invented for grammatical processing and conceptual operations. Thanks to electronic information and internet, the Linguistic humans face their third evolution and access to “Voluminous linguistic information with uncertain reliability”. How should in-brain linguistic processing circuits evolve? And, what we can achieve with that. The author indicates that, by eliminating noise factors against reliability of linguistic information, and reading books
repeatedly, one can unity oneself with the consciousness of authors and take over their unfinished work.
キーワード (和) 科学的概念 / 学際研究 / 文明 / 前衛 / デジタル第三進化 / 共有知 / 前方誤り訂正 / 脊髄反射の制約  
(英) scientific concepts / Interdisciplinary study / Civilization / Avant-gardes / The third digital evolution / Collective intelligence / Forward Error Correction / Restrictions of Spinal Reflex  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 96, R2020-6, pp. 7-12, 2020年7月.
資料番号 R2020-6 
発行日 2020-07-04 (R) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2020-6

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2020-07-11 - 2020-07-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Reliability Theory, Communication Network Reliability, Reliability General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2020-07-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハイブリッドデジタル進化仮説 
サブタイトル(和) インターネットと脳内メカニズムを統合して言語情報の信頼性を高める 
タイトル(英) A Hybrid Digital Evolution Hypothesis 
サブタイトル(英) To Increase Reliability of Linguistic Information by Integrating Internet and In-Brain Mechanism 
キーワード(1)(和/英) 科学的概念 / scientific concepts  
キーワード(2)(和/英) 学際研究 / Interdisciplinary study  
キーワード(3)(和/英) 文明 / Civilization  
キーワード(4)(和/英) 前衛 / Avant-gardes  
キーワード(5)(和/英) デジタル第三進化 / The third digital evolution  
キーワード(6)(和/英) 共有知 / Collective intelligence  
キーワード(7)(和/英) 前方誤り訂正 / Forward Error Correction  
キーワード(8)(和/英) 脊髄反射の制約 / Restrictions of Spinal Reflex  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 久文 / Kumon Tokumaru / トクマル クモン
第1著者 所属(和/英) 著述業 (略称: 著述業)
Writer (略称: Writer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-07-11 13:25:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 R 
資料番号 R2020-6 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.96 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数
発行日 2020-07-04 (R) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会