お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-07-16 11:10
[依頼講演]非一様な光線発射分布を用いたレイトレーシングの高速化
橋本貴博瀧川道生三菱電機AP2020-15
抄録 (和) レイトレーシングはサイトスペシフィック電波伝搬モデルとして、チャネルモデルの作成や置局設計広く使われており、高度な無線システム設計するためには必要不可欠な技術である。反射や回折点の候補が多く伝搬経路が増加する環境では、膨大な探索空間のためにレイトレーシングの計算コストは非常に大きくなるため、近似的に有効な伝搬経路を求めるアルゴリズムが重要である。著者らは、初期光線の発射方向を確率分布に従って非一様にサンプリングする手法と、エッジや観測点とレイチューブの交差判定に適用可能なbounding volume hierarchy (BVH)を提案する。前者の手法は、受信電力に影響を与えた方向に光線発射の確率を増加させることで、同じ精度の計算に要する時間が70%~80%に短縮されることを示す。後者の手法は、フェイスに対する標準的なBVHのみを適用した場合と比べて、計算時間が4.5%に短縮されることを示す。 
(英) Ray-tracing has been successfully used as a site specific radio propagation model adopted to wide range applications such as generating channel model and design of base station placement, which considered as must-to-have technology for advanced wireless systems. Meanwhile, the calculation cost is significant in the scene which consist many reflection/diffraction points owing to enormous search space, therefore approximate algorithms to get effective propagation paths are important. We propose a non-uniform sampling method according to the probability distribution to generate initial set of rays, and an algorithm for bounding volume hierarchy (BVH) which is applicable to intersection check between ray tube and edges/observers. The former method increases the probability for the direction which contribute received powers, resulting in the reduction of calculation time to 70% - 80%. The latter method reduces calculation time to 4.5% comparing with the time which uses face BVH only.
キーワード (和) 電波伝搬 / レイトレーシング / 幾何光学近似 / モンテカルロサンプリング / BVH / / /  
(英) radio propagation / ray-tracing / geometrical optics approximation / monte carlo sampling / bounding volume hierarchy / BVH / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 97, AP2020-15, pp. 33-38, 2020年7月.
資料番号 AP2020-15 
発行日 2020-07-08 (AP) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2020-15

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2020-07-15 - 2020-07-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 地下電磁計測,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Subsurface Electromagnetic Measurements, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2020-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非一様な光線発射分布を用いたレイトレーシングの高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accelerating ray tracing using nonuniform ray launching directions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / radio propagation  
キーワード(2)(和/英) レイトレーシング / ray-tracing  
キーワード(3)(和/英) 幾何光学近似 / geometrical optics approximation  
キーワード(4)(和/英) モンテカルロサンプリング / monte carlo sampling  
キーワード(5)(和/英) BVH / bounding volume hierarchy  
キーワード(6)(和/英) / BVH  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 貴博 / Takahiro Hashimoto / ハシモト タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi electric corporation (略称: Mitsubishi electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧川 道生 / Michio Takikawa / タキカワ ミチオ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi electric corporation (略称: Mitsubishi electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-07-16 11:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 AP 
資料番号 AP2020-15 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.97 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数
発行日 2020-07-08 (AP) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会