お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-05 13:55
強磁性粒界材を有するグラニュラキャップ層を用いたCoPt基フルグラニュラ媒体の反転磁界および表面制御
タム キム コング櫛引了輔鎌田知成田中貴金属)・斉藤 伸東北大MRIS2020-2 エレソ技報アーカイブへのリンク:MRIS2020-2
抄録 (和) 様々なGd2O3含有量のCoPt-Gd2O3グラニュラキャップ層(CL)を備えたフルグラニュラ媒体の磁気特性と微細組織を検討した.Gd2O3含有量を30から5 vol%に低減しても,媒体の表面粗さが0.19 nmの低い値に維持できる.この表面粗さは、CoPtCrB連続CLを備えた媒体よりも低くなっている.また,表面粗さの結果は透過型電子顕微鏡で観察した表面状態によって裏付けられている.断面の元素分析では,各磁性結晶粒が各下地層の結晶粒上にコラム状成長した膜厚方向に均一な組織が観察される.Gd2O3含有量を低減すると,CLを介した間接的な粒間交換結合が増加し,CoPtCrB連続CLを用いた媒体よりも逆生成磁界が高く,飽和磁界が低い媒体が得られる.更に,CLの厚さが6 nmの場合,Gd2O3含有量が30から15 vol%に低減すると,反転磁界分布が0.11から0.05に減少する.この結果から,CoPt-Gd2O3グラニュラCLのGd2O3含有量の低減が,フルグラニュラ媒体の反転磁界分布がCoPtCrB連続CLを備えた媒体よりも低くなり,非常に平滑な媒体表面を維持することに効果的であることを示唆している. 
(英) Investigation of magnetic properties and nanostructure for full granular media with CoPt-Gd2O3 granular cap layers (CLs) of various Gd2O3 content were conducted. Media with low surface roughness of 0.19 nm is obtained even though Gd2O3 content is reduced from 30 to 5 vol%, which is lower than that of media with CoPtCrB continuous CL. The result is supported by surface morphology observed by transmission electron microscopy. According to cross-section element analysis, homogeneous nanostructure in the thickness direction with one-on-one columnar growth of magnetic grain is observed. Reduction of Gd2O3 content increases indirect intergranular exchange coupling through CL which result in media with higher nucleation field and lower saturation field than that of media with CoPtCrB continuous CL. Furthermore, at CL thickness of 6 nm, when Gd2O3 content is reduced from 30 to 15 vol%, switching field distribution is reduced from 0.11 to 0.05. This results suggests that the reduction of Gd2O3 content of the CoPt-Gd2O3 granular CL is effective to reduce the switching field distribution of the full granular media to be lower than that of media with CoPtCrB continuous CL while having an extremely smooth media surface.
キーワード (和) フルグラニュラ媒体 / グラニュラ型キャップ層 / 強磁性酸化物 / 平滑な表面 / 反転磁界分布 / 均一な構造 / 希土類酸化物 / 垂直媒体  
(英) Full granular media / granular cap layer / ferromagnetic oxide / flat surface / switching field distribution / homogeneous structure / rare earth oxide / perpendicular media  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 180, MRIS2020-2, pp. 6-11, 2020年10月.
資料番号 MRIS2020-2 
発行日 2020-09-28 (MRIS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MRIS2020-2 エレソ技報アーカイブへのリンク:MRIS2020-2

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS  
開催期間 2020-10-05 - 2020-10-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,固体メモリ, 媒体, 一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, Solid State Memory, Media, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2020-10-MRIS-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 強磁性粒界材を有するグラニュラキャップ層を用いたCoPt基フルグラニュラ媒体の反転磁界および表面制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Switching field and surface control of CoPt based full granular media by utilizing granular cap layer with ferromagnetic grain boundary 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フルグラニュラ媒体 / Full granular media  
キーワード(2)(和/英) グラニュラ型キャップ層 / granular cap layer  
キーワード(3)(和/英) 強磁性酸化物 / ferromagnetic oxide  
キーワード(4)(和/英) 平滑な表面 / flat surface  
キーワード(5)(和/英) 反転磁界分布 / switching field distribution  
キーワード(6)(和/英) 均一な構造 / homogeneous structure  
キーワード(7)(和/英) 希土類酸化物 / rare earth oxide  
キーワード(8)(和/英) 垂直媒体 / perpendicular media  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) タム キム コング / Kim Kong Tham / タム キム コング
第1著者 所属(和/英) 田中貴金属工業株式会社 (略称: 田中貴金属)
Tanaka Kikinzoku Kogyo K. K. (略称: Tanaka Kikinzoku)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫛引 了輔 / Ryosuke Kushibiki / クシビキ リョウスケ
第2著者 所属(和/英) 田中貴金属工業株式会社 (略称: 田中貴金属)
Tanaka Kikinzoku Kogyo K. K. (略称: Tanaka Kikinzoku)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 知成 / Tomonari Kamada / カマダ トモナリ
第3著者 所属(和/英) 田中貴金属工業株式会社 (略称: 田中貴金属)
Tanaka Kikinzoku Kogyo K. K. (略称: Tanaka Kikinzoku)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 伸 / Shin Saito / サイトウ シン
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohou Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-10-05 13:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 MRIS2020-2 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.180 
ページ範囲 pp.6-11 
ページ数
発行日 2020-09-28 (MRIS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会