お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-10-08 10:50
[ポスター講演]プラスチック光ファイバに描画したFBGの動作波長帯の劇的拡大
元石直樹野田康平東工大)・李 ひよん芝浦工大)・セオドシオ アントリースカリ キリアコスキプロス工科大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2020-18
抄録 (和) 光ファイバ・ブラッグ・グレーティング(FBG)を用いた高速歪測定として、ブラッグ波長の周波数シフトを、反射スペクトルのスロープの光パワーの増減として測定する手法がある。この手法は、スロープの中心に発振波長を持つ挟線幅レーザを使用するが、ピッチ長を事前に綿密に設計することはFBG製造のコスト増大の要因となっていた。そこで本研究では、多モードファイバである全フッ素化プラスチック光ファイバ中に描画したFBGを用いて、基本モードの励起を抑えて高次モードの励起を促進することにより、反射スペクトルのあらゆる波長帯にブラッグ波長が現れ、任意の波長帯において高速歪(振動)測定が可能であることを実験的に示す。また、任意の波長帯における振動センサの性能を検討すべく、反射スペクトルのスロープの線形区間の範囲と傾きの波長依存性についても報告する。 
(英) Strain can be detected at high speed using a fiber Bragg gratings (FBG) by measuring the optical power fluctuations at the central wavelength of the slope of the reflected spectrum, instead of measuring the Bragg wavelength shift directly. In this high-speed strain detection, a narrow-linewidth laser with a wavelength at the center of the slope is generally used, but the accurate pre-design of the inscription pitch of the FBG leads to its high fabrication cost. In this work, using an FBG inscribed in a perfluorinated graded-index plastic optical fiber (multimode fiber), we show that Bragg wavelengths appear in arbitrary wavelength ranges of the reflection spectrum. This unique behavior can be obtained by suppressing the excitation of the fundamental propagation mode and promoting the excitation of the higher modes. We experimentally show that, by exploiting this feature, high-speed strain measurement can be performed at almost arbitrary wavelengths. We also investigate the wavelength dependence of the vibration sensing performance (sensitivity, etc).
キーワード (和) 光ファイバセンシング / ファイバ・ブラッグ・グレーティング(FBG) / 歪センサ / 振動センサ / プラスチック光ファイバ / / /  
(英) optical fiber sensing / fiber Bragg gratings (FBGs) / strain sensors / vibration sensors / plastic optical fibers / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 184, OFT2020-18, pp. 37-40, 2020年10月.
資料番号 OFT2020-18 
発行日 2020-10-01 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2020-18

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2020-10-08 - 2020-10-09 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般(一般セッションおよび学生ポスターセッション) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2020-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プラスチック光ファイバに描画したFBGの動作波長帯の劇的拡大 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Arbitrary-wavelength operation of FBGs inscribed in plastic optical fibers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバセンシング / optical fiber sensing  
キーワード(2)(和/英) ファイバ・ブラッグ・グレーティング(FBG) / fiber Bragg gratings (FBGs)  
キーワード(3)(和/英) 歪センサ / strain sensors  
キーワード(4)(和/英) 振動センサ / vibration sensors  
キーワード(5)(和/英) プラスチック光ファイバ / plastic optical fibers  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 元石 直樹 / Naoki Motoishi / モトイシ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 康平 / Kohei Noda / ノダ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 ひよん / Heeyoung Lee / イ ヒヨン
第3著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) セオドシオ アントリース / Antreas Theodosiou / セオドシオ アントリース
第4著者 所属(和/英) キプロス工科大学 (略称: キプロス工科大)
Cyprus University of Technology (略称: CUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) カリ キリアコス / Kyriacos Kalli / カリ キリアコス
第5著者 所属(和/英) キプロス工科大学 (略称: キプロス工科大)
Cyprus University of Technology (略称: CUT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 洋輔 / Yosuke Mizuno / ミズノ ヨウスケ
第7著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-10-08 10:50:00 
発表時間 40分 
申込先研究会 OFT 
資料番号 OFT2020-18 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.184 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数
発行日 2020-10-01 (OFT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会