お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-26 13:00
広帯域3段LC整合回路の解析解の検討
田中 聡村田製作所CAS2020-29 MSS2020-21
抄録 (和) 携帯電話が第3世代,第4世代,第5世代と進むにつれ,携帯電話で使用する周波数バンドが劇的に増加している.携帯電話端末用RFコンポーネントは,限られたスペースで,この増加する周波数バンドに対応するため,集積化が進んでいる.そのRFコンポーネントに搭載される,電力増幅器(PA)の場合,1つのPAで多くの周波数バンドに対応する必要が出てくる.この場合,PAの技術課題の代表的なものとして,整合回路の広帯域化があげられる.これまでに著者は,インダクタと容量で構成するLC整合回路に着目し,その2段,3段構成のLC整合回路について最大約30%,60%の比帯域実現の見通しがあることを報告した.また整合回路の入力インピーダンスの周波数微分を基に効率よく整合回路の素子値を決定する方法を2段整合回路に適用した事例についても報告した.本報告では,提案方法を3段整合回路に適用した事例について述べる. 
(英) As mobile phones progress in the third, fourth, and fifth generations, the frequency bands used in mobile phones have increased dramatically. RF components for mobile phone terminals are becoming more integrated to cope with this increasing frequency band while suppressing the increase in size. In the case of power amplifier (PA) mounted on the RF component, it is necessary to correspond many frequency bands in one PA. In this case, the wideband of the matched circuit is a typical one of the technical problems of PA. To date, the author focused on LC matching circuits composed of inductors and capacitors, and reported that there is a prospect of achieving about 30% and 60% of fractional bandwidth for two-stage and three-stage LC matching circuits. In previous reports, the matching conditions at the design frequency were obtained analytically, and the wideband conditions were discovered and searched based on numerical calculations. We have also reported a method to efficiently determine the element value of the two-stage matching circuit based on the frequency differentiation of the input impedance of the matching circuit. This time, we report an example of applying the previously proposed method to a three-stage matching circuit.
キーワード (和) 携帯電話 / 電力増幅器 / 整合回路 / RF / LC / / /  
(英) Mobile phone / Power amplifier / Matching circuit / RF / LC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 245, CAS2020-29, pp. 56-61, 2020年11月.
資料番号 CAS2020-29 
発行日 2020-11-18 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2020-29 MSS2020-21

研究会情報
研究会 MSS CAS IPSJ-AL  
開催期間 2020-11-25 - 2020-11-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) システムのモデリングと制御・検証・最適化の手法,機械学習的アプローチ及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2020-11-MSS-CAS-AL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広帯域3段LC整合回路の解析解の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Analytical Solutions of Triple-Stage Wideband LC Matching Circuits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 携帯電話 / Mobile phone  
キーワード(2)(和/英) 電力増幅器 / Power amplifier  
キーワード(3)(和/英) 整合回路 / Matching circuit  
キーワード(4)(和/英) RF / RF  
キーワード(5)(和/英) LC / LC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 聡 / Satoshi Tanaka / タナカ サトシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 村田製作所 (略称: 村田製作所)
Murata Manufacturing Co., Ltd. (略称: Murata Manufacturing)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-11-26 13:00:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CAS 
資料番号 CAS2020-29, MSS2020-21 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.245(CAS), no.246(MSS) 
ページ範囲 pp.56-61 
ページ数
発行日 2020-11-18 (CAS, MSS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会