お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-26 15:25
デジタルスパイキングニューロンの合成と実装について
原田朋樹斎藤利通法政大CCS2020-18
抄録 (和) 本論文では, デジタルスパイクマップの合成と実装について考える. デジタルスパイクマップは点の集合上
で定義されたデジタル力学系で, 様々な周期スパイク列を記述することができる. 合成に用いる簡素な進化的アルゴリ
ズムは貪欲法に基づいている. 簡素な進化的アルゴリズムを用いることで, 所望のデジタルスパイクマップを合成する
ことができる. 評価関数として様々なものが考えられるが, 本論文では自己相関関数を用いる. 次に合成したデジタル
スパイクマップをデジタルスパイキングニューロンを用いてFPGA 上でハードウェア実装することを考える. デジタ
ルスパイキングニューロンは様々な周期スパイク列を生成することができる. デジタルスパイキングニューロンとデ
ジタルスパイクマップの互換性を表す変換式を用いて設計し, ハードウェア実装する. 
(英) This paper studies implementation of desired digital spike-trains based on simple evolutionary algorithm.
First, the dynamics of spike-trains is visualized by a digital spike map. The map is defined on a set of points
and is represented by a characteristic vector of integers. Second, the simple evolutionary algorithm is based on the
greedy searth. This algorithm aims at optimization of characteristic vector for cost function. We use autocorrelation
function as cost function. Third, in order to implement the digital spike map, we introduce a digital spiking neuron.
Repeating integrate-and-fire behavior between a periodic base signal and constant threshhold, the neuron can out
put various periodic spike-trains. Spike-trains are simulated by Verilog and the digital spiing neuron is implemented
by FPGA .
キーワード (和) デジタルスパイクマップ / SEA / デジタルスパイキングニューロン / / / / /  
(英) Dmap / SEA / Spiking neurons / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 263, CCS2020-18, pp. 6-10, 2020年11月.
資料番号 CCS2020-18 
発行日 2020-11-19 (CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CCS2020-18

研究会情報
研究会 CCS  
開催期間 2020-11-26 - 2020-11-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CCS 
会議コード 2020-11-CCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルスパイキングニューロンの合成と実装について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synthesis and implementation of digital spiking neurons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタルスパイクマップ / Dmap  
キーワード(2)(和/英) SEA / SEA  
キーワード(3)(和/英) デジタルスパイキングニューロン / Spiking neurons  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 朋樹 / Tomoki Harada / ハラダ トモキ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
HOSEI University (略称: HU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 利通 / Toshimichi Saito / サイトウ トシミチ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
HOSEI University (略称: HU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-26 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CCS 
資料番号 CCS2020-18 
巻番号(vol) 120 
号番号(no) no.263 
ページ範囲 pp.6-10 
ページ数
発行日 2020-11-19 (CCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会