お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-02 16:30
確率的減衰通信路モデルのクラウス表現
中川綾太王 天澄臼田 毅愛知県立大IT2020-43
抄録 (和) ビームワンダリングは,無線量子通信におけるフェージングの一種と捉えられ,減衰通信路におけるエネルギー透過率を確率的とした確率的減衰通信路としてモデル化される.
量子通信路の数学的表現としてクラウス表現が有名であるが,確率的減衰通信路については出力量子状態を用いた性能評価が行われてきたことから,クラウス表現には注目されず,2次元系までの結果しか得られていない.
本稿では,多次元系の確率的減衰通信路モデルのクラウス表現についてChoi行列による導出を検討する. 
(英) The beam wandering is an inherent effect in wireless quantum communication and is considered to be a kind of fading effect.
These are modeled as a probabilistic attenuated channel that transmissivity in attenuated channel is probabilistic.
The Kraus representation is famous and useful as the mathematical description of the quantum channel and has been derived only a qubit system for the probabilistic attenuated channel.
In the present paper, we consider the derivation of the Kraus representation with Choi matrix of the probabilistic attenuated channel in a multi-dimensional system.
キーワード (和) 量子情報理論 / 量子通信 / クラウス表現 / Choi行列 / / / /  
(英) quantum information theory / quantum communication / Kraus representation / Choi matrix / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 268, IT2020-43, pp. 106-110, 2020年12月.
資料番号 IT2020-43 
発行日 2020-11-24 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2020-43

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2020-12-01 - 2020-12-03 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 若手研究者のための講演会,一般 
テーマ(英) Lectures for Young Researchers, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2020-12-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率的減衰通信路モデルのクラウス表現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Kraus Representation of Probabilistic Attenuated Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子情報理論 / quantum information theory  
キーワード(2)(和/英) 量子通信 / quantum communication  
キーワード(3)(和/英) クラウス表現 / Kraus representation  
キーワード(4)(和/英) Choi行列 / Choi matrix  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 綾太 / Ryota Nakagawa / ナカガワ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 天澄 / Tiancheng Wang / オウ テンチョウ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼田 毅 / Tsuyoshi Sasaki Usuda / ウスダ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-12-02 16:30:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 IT 
資料番号 IT2020-43 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.268 
ページ範囲 pp.106-110 
ページ数
発行日 2020-11-24 (IT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会