お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-14 13:55
Time-Aware ShaperのGCL値の割り当てがQoSに与える影響に関する研究
中山瑠偉伊藤嘉浩名工大IA2020-26
抄録 (和) 本論文は,Ethernet化した車載ネットワークのQoS制御としてTime-Aware Shaper (TAS)を用いた際の,Gate Control List (GCL)がQoSに及ぼす影響を,シミュレーションによる実験により評価している.
本実験では,次世代の車載ネットワークアーキテクチャとして考えられているZonalアーキテクチャを対象とし,車載ネットワーク内の複数のスイッチに対してGCLの設定を変更した場合のQoSを評価している.
実験結果から,GCLの設定により,提供するQoSが大きく変わることを示している.
また,GCLを設定する際に考慮すべき点についても言及している. 
(英) This paper evaluates the effect of the Gate Control List (GCL) on QoS over an Ethernet-based in-vehicle network which uses Time-Aware Shaper (TAS) as its QoS control by simulation.
In this simulation, the authors target an in-vehicle network based on the Zonal architecture, which is the next generation in-vehicle network architecture; they evaluate QoS for various GCLs for multiple switches of the in-vehicle network.
The experimental results show that the provided QoS greatly depends on the GCL.
キーワード (和) IEEE802.1 TSN / Time-Aware Shaper / QoS / / / / /  
(英) IEEE802.1 TSN / Time-Aware Shaper / QoS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 294, IA2020-26, pp. 9-12, 2020年12月.
資料番号 IA2020-26 
発行日 2020-12-07 (IA) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2020-26

研究会情報
研究会 IA IN  
開催期間 2020-12-14 - 2020-12-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 性能評価とシミュレーション、信頼性技術、スループットやトラヒックの計測、品質(QoS)制御、輻輳制御、トラヒック・フロー制御、オーバーレイネットワーク・P2P、IPv6 、マルチキャスト、ルーティング、DDoS及び一般
※※※ 本研究会の2日目は情報指向ネットワーク技術特別研究会(ICN)とも併催です。※※※ 
テーマ(英) Performance Analysis and Simulation, Robustness, Traffic and Throughput Measurement, Quality of Service (QoS) Control, Congestion Control, Overlay Network/P2P, IPv6, Multicast, Routing, DDoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2020-12-IA-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Time-Aware ShaperのGCL値の割り当てがQoSに与える影響に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Effect of GCL Allocation of Time-Aware Shaper on QoS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE802.1 TSN / IEEE802.1 TSN  
キーワード(2)(和/英) Time-Aware Shaper / Time-Aware Shaper  
キーワード(3)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 瑠偉 / Rui Nakayama / ナカヤマ ルイ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nitech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 嘉浩 / Yoshihiro Ito / イトウ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nitech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-12-14 13:55:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 IA 
資料番号 IA2020-26 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.294 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数
発行日 2020-12-07 (IA) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会