お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-12-25 13:00
異なる還元方法を用いた還元型酸化グラフェン(rGO)薄膜を使用した抵抗式ガスセンサの作製およびガスセンシング特性の評価
髙野晃佑伊東栄次信州大)・小野博信郷田 隼日本触媒OME2020-8
抄録 (和) 本研究では酸化グラフェン水分散液から交互吸着法を用いて製膜した還元型酸化グラフェン(rGO)超薄膜の面内方向のシート抵抗Rsと0.1-4.0ppmのアセトンやアンモニアガスに対するシート抵抗変化の計測とその制御による抵抗式ガスセンサの開発を試みた。交互吸着に用いるポリマーにpoly(diallyldimethylammoniumchloride)(PDDA)とpoly(ethyleneimine)(PEI)を用いたところ、PDDAと組み合わせたrGO膜はアセトンに対する応答が大きく、PEIと組み合わせた膜はアンモニアに対して大きな応答が見られた。ガス濃度に対しては線形的な応答が得られ、暴露時間を短くすることで2-3秒の高速応答が得られた。また、PEIと組み合わせたrGO膜のシート抵抗はPPDAと組み合わせた場合に比べ1~2桁近く低い値をとった。還元方法を加熱処理や還元剤を用いた処理に変えても同様の傾向が得られたが、ヒドラジンで還元した場合にシート抵抗が大きく減少した。 
(英) In this study, we have investigated the sheet resistance Rs and the chemi-resistive gas sensing properties of the ultra-thin reduced graphene oxide films deposited by layer-by-layer (LbL) deposition of aqueous dispersed rGO or GO and polymer films (poly(diallyldimethyl-ammoniumchloride)(PDDA) or poly(ethyleneimine)(PEI). The Rs value linearly increase with the increment of acetone and ammonia gas concentration (0.1-4.0 ppm) within 2-3 s probably due to the change in carrier concentration of rGO surface. The rGO/PDDA films show higher sensitivity with acetone gas and rGO/PEI films show higher sensitivity with ammonia gas. The Rs of rGO/PEI films is much lower than rGO/PDDA films and Rs father decreases with chemical reduction with hydrazine treatment.
キーワード (和) ガスセンサ / 還元型酸化グラフェン / 薄膜デバイス / / / / /  
(英) gas sensor / reduced graphene oxide / thin film device / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 307, OME2020-8, pp. 1-6, 2020年12月.
資料番号 OME2020-8 
発行日 2020-12-18 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2020-8

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2020-12-25 - 2020-12-26 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawaken Seinen Kaikan 
テーマ(和) バイオテクノロジー、表面界面、計測技術、エレクトロニクス、その他 
テーマ(英) bio-technology, surface and interfacial phenomena, measurement and observation, electronics, and other researches relating these 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2020-12-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なる還元方法を用いた還元型酸化グラフェン(rGO)薄膜を使用した抵抗式ガスセンサの作製およびガスセンシング特性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication of resistive gas sensor using reduced graphene oxide (rGO) thin films based different reduction methods and their gas sensing property. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ガスセンサ / gas sensor  
キーワード(2)(和/英) 還元型酸化グラフェン / reduced graphene oxide  
キーワード(3)(和/英) 薄膜デバイス / thin film device  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙野 晃佑 / Kosuke Takano / タカノ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinsyu University (略称: Shinsyu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 栄次 / Eiji Itoh / イトウ エイジ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinsyu University (略称: Shinsyu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 博信 / Hironobu Ono / オノ ヒロノブ
第3著者 所属(和/英) 日本触媒 (略称: 日本触媒)
Nippon Shokubai (略称: Nippon Shokubai)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 郷田 隼 / Shun Goda / ゴウダ シュン
第4著者 所属(和/英) 日本触媒 (略称: 日本触媒)
Nippon Shokubai (略称: Nippon Shokubai)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2020-12-25 13:00:00 
発表時間 20分 
申込先研究会 OME 
資料番号 OME2020-8 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.307 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2020-12-18 (OME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会