お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-21 18:10
2層化されたQRコードとその原理 ~ ホログラムQRコードの開発 ~
川原大弥山崎康平神戸大)・瀧田 愼兵庫県立大)・白石善明森井昌克神戸大ICM2020-48 LOIS2020-36
抄録 (和) 二次元コードの一つであるQRコードはウェブページへのアクセス,特に最近では決済への利用等,幅広い用途に用いられている.QRコードに複数の情報を格納することは,新たなサービスの展開につながる.我々は既に,QRコードの構成方法,特に利用される誤り訂正符号の性質を利用して,2種類の情報を確率的に出力させる偽装QRコードを提案している.本稿では,QRコードデコーダにおける白黒の判定方法に注目して,読み取り角度に依存して出力する情報を制御可能なホログラムQRコードを提案する.複数の端末やアプリを用いた読み取り実験により,実際に端末を左右に傾けて撮影をすることで,2種類の情報を取得可能であることを検証した. 
(英) The Quick Response (QR) code is used for various purposes, such as accessing web pages, payment, etc. The QR codes which are storing multiple messages will lead to the development of new services. We have already proposed a fake QR code that probabilistically outputs two messages using the feature of the error-correcting code. This paper focuses on image processing on QR code decoders and proposes the hologram QR code that can control the output message depending on the scanning angle. We experimented with the hologram QR code with multiple smartphones and decoders and confirmed that it is possible to get two messages by tilting a smartphone to the left and right and scanning the QR code.
キーワード (和) 二次元コード / 誤り訂正符号 / 画像処理 / 射影変換 / ホログラムQRコード / / /  
(英) two-dimensional code / error-correcting code / image processing / perspective transformation / hologram QR code / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 324, LOIS2020-36, pp. 81-86, 2021年1月.
資料番号 LOIS2020-36 
発行日 2021-01-14 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2020-48 LOIS2020-36

研究会情報
研究会 ICM LOIS  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, Business Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2021-01-ICM-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2層化されたQRコードとその原理 
サブタイトル(和) ホログラムQRコードの開発 
タイトル(英) Two-Layered QR Codes and Their Principles 
サブタイトル(英) Development of Hologram QR Codes 
キーワード(1)(和/英) 二次元コード / two-dimensional code  
キーワード(2)(和/英) 誤り訂正符号 / error-correcting code  
キーワード(3)(和/英) 画像処理 / image processing  
キーワード(4)(和/英) 射影変換 / perspective transformation  
キーワード(5)(和/英) ホログラムQRコード / hologram QR code  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 大弥 / Hiroya Kawahara / カワハラ ヒロヤ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 康平 / Kohei Yamasaki / ヤマサキ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧田 愼 / Makoto Takita / タキタ マコト
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: University of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 善明 / Yoshiaki Shiraishi / シライシ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森井 昌克 / Masakatu Morii / モリイ マサカツ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-21 18:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 ICM2020-48, LOIS2020-36 
巻番号(vol) 120 
号番号(no) no.323(ICM), no.324(LOIS) 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数
発行日 2021-01-14 (ICM, LOIS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会