お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-21 14:10
[ポスター講演]対象識別に向けたWiFiイメージングのシミュレーションによる検討
森田幸歩中川善博阪大)・内山 彰阪大/JSTさきがけ)・東野輝夫阪大SeMI2020-53
抄録 (和) 近年,メンテナンスが不要である行動認識手法として,WiFi電波を使ったセンシング(ワイヤレスセンシング)が注目を集めている.ワイヤレスセンシングは,人やモノの動きに伴う電波変動を利用して行動を認識するもので,WiFi基地局などの既存設備を利用可能なため,充電や電池交換に伴う追加のメンテナンスコストが不要であったり,導入コストが低いという利点がある.しかし,ワイヤレスセンシングは複数の対象が同時に存在する場合に,それらの識別が困難という課題を持つ.これに対し,本研究ではWiFiを利用した人やモノの識別法の設計を目標としている.WiFiイメージングでは,アンテナアレイを用いた電波の到来角推定と同じ原理により,到来方向ごとの電波強度をカメラのように可視化する.本稿では,対象識別の実現のため,シミュレーションによりWiFiイメージング性能の調査を行った. 
(英) In recent years, sensing using WiFi signals (wireless sensing) has been attracting attention as maintenance-free behavior recognition. Wireless sensing uses signal fluctuations caused by the movement of people and things for behavior recognition. Since we can use existing equipments such as WiFi base stations, the deployment cost for wireless sensing is low. Moreover, it does not require additional maintenance costs for charging or battery replacement. However, wireless sensing has the problem that it is difficult to identify multiple targets. Therefore, the goal of this research is to design a method for identifying people and things using WiFi. In WiFi imaging, the signal intensity in each direction of arrival is visualized like a camera by the same principle as the estimation of the angle of arrival of signals using an antenna array. In this paper, we investigated the WiFi imaging performance by simulation in order to realize object identification.
キーワード (和) WiFiイメージング / ワイヤレスセンシング / 対象識別 / 行動認識 / / / /  
(英) WiFi Imaging / Wireless Sensing / Object Identification / Behavior Recognition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 315, SeMI2020-53, pp. 57-62, 2021年1月.
資料番号 SeMI2020-53 
発行日 2021-01-13 (SeMI) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2020-53

研究会情報
研究会 SeMI  
開催期間 2021-01-20 - 2021-01-21 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) センシング,モビリティ,モバイル・ユビキタスコンピューティング,センサ・アドホック・モバイルネットワーク,アプリケーション,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2021-01-SeMI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対象識別に向けたWiFiイメージングのシミュレーションによる検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Simulation Study on WiFi Imaging for Object Identification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WiFiイメージング / WiFi Imaging  
キーワード(2)(和/英) ワイヤレスセンシング / Wireless Sensing  
キーワード(3)(和/英) 対象識別 / Object Identification  
キーワード(4)(和/英) 行動認識 / Behavior Recognition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 幸歩 / Yukiho Morita / モリタ ユキホ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 善博 / Yoshihiro Nakagawa / ナカガワ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 彰 / Akira Uchiyama / ウチヤマ アキラ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学/国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ (略称: 阪大/JSTさきがけ)
Osaka University/Japan Science and Technology Agency, PRESTO (略称: Osaka Univ./JST PRESTO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 輝夫 / Teruo Higashino / ヒガシノ テルオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-01-21 14:10:00 
発表時間 60分 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 SeMI2020-53 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.315 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数
発行日 2021-01-13 (SeMI) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会