お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-22 15:35
[ショートペーパー]画像認識による配電盤の配線状況判断に関する基礎検討
西本圭志平間 毅茨城県産技イノベーションセンターMVE2020-40
抄録 (和) 製造業、特に配線作業の現場では作業者不足が課題であり,未経験者も配線ミスや作業漏れ等,誤作業を抑制する必要がある.
作業を常時監視し,配線ミスや作業漏れを検出,随時作業者へ提示を行う作業支援システムが必要となっている.
システムの開発に際し,作業状態判断に画像認識処理を用いた場合,どの程度の精度にて作業状態判断が可能か基礎検討を行った.
結果,VGG11とadam,VGG16とMomentumの組合せが最も正解率が高く,98.66%の精度であった. 
(英) In the manufacturing industry, especially in the field of wiring work, the shortage of workers is an issue, and even beginner need to suppress erroneous work such as wiring mistakes and work omissions.
There is a need for a work support system that constantly monitors work, detects wiring mistakes and work omissions, and presents them to workers as needed.
When developing the system, we conducted a basic research on how accurate the work status can be recognized when image recognition processing is used to recognize the work status.
As a result, the combination of VGG11 and adam, and VGG16 and Momentum had the highest accuracy rate, with an accuracy of 98.66%.
キーワード (和) 機械学習 / ResNet / VGG / 配線作業 / 作業状態判断 / / /  
(英) Machine learning / ResNet / VGG / Wiring work / Work status recognition / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 319, MVE2020-40, pp. 45-46, 2021年1月.
資料番号 MVE2020-40 
発行日 2021-01-14 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2020-40

研究会情報
研究会 MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2021-01-21 - 2021-01-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) Sustainability のための CV・ VR 技術(VR学会SIG‐MR連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2021-01-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像認識による配電盤の配線状況判断に関する基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic examination about wiring status judgment of switchboard by image recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(2)(和/英) ResNet / ResNet  
キーワード(3)(和/英) VGG / VGG  
キーワード(4)(和/英) 配線作業 / Wiring work  
キーワード(5)(和/英) 作業状態判断 / Work status recognition  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 圭志 / Keishi Nishimoto / ニシモト ケイシ
第1著者 所属(和/英) 茨城県産業技術イノベーションセンター (略称: 茨城県産技イノベーションセンター)
Industrial Technology Innovation Center Of Ibaraki Prefecture (略称: itic.pref.ibaraki.jp)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平間 毅 / Takeshi Hirama / ヒラマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 茨城県産業技術イノベーションセンター (略称: 茨城県産技イノベーションセンター)
Industrial Technology Innovation Center Of Ibaraki Prefecture (略称: itic.pref.ibaraki.jp)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-01-22 15:35:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 MVE 
資料番号 MVE2020-40 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.319 
ページ範囲 pp.45-46 
ページ数
発行日 2021-01-14 (MVE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会