お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-25 17:10
圧縮センシングを用いた低消費電力脳波計測フレームワークのサンプリング間隔に関する検討
岡部勇樹兼本大輔阪大)・望月智弥山梨大)・毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2020-53 CPSY2020-36 RECONF2020-72
抄録 (和) 近年では被験者に不快感の少ない無線脳波測定デバイスに注目が集まっている. そのため, 無線脳波測定デバイスに搭載するバッテリの小型化を実現する必要があり, 回路の低消費電力化が求められている. そこで我々は圧縮センシングを用いた脳波計測フレームワークに関する検討を行っている. 今までの検討では圧縮センシングを行う際にランダム・アンダーサンプリングを用いたA/D変換を行い, 完全なランダムサンプリングを行ってきた. この手法は無線機の消費電力の大幅な削減が見込める. 本研究では実装回路におけるさらなる低消費電力化実現に向け, 圧縮センシングにおけるサンプリング間隔の制御方法の検討を行った. 
(英) In recent years, wireless EEG measurement devices that cause less discomfort to the subject have attracted much attention. Therefore, it is necessary to reduce the size of the battery installed in the wireless EEG measurement device, and low power consumption of the circuit is required. We are investigating compressed sensing EEG measurement framework. In the past, A/D conversion with random under sampling was used for compressing the data and complete random sampling was used for compressed sensing. This method is expected to significantly reduce the power consumption of wireless devices. In this study, we investigated a method to control the sampling interval in compressed sensing in order to achieve further reduction of power consumption in the implemented circuit.
キーワード (和) 脳波 / 低消費電力 / 圧縮センシング / 独立成分分析 / ランダム行列 / / /  
(英) EEG / low-power consumption / Compressed Sensing / Independent Component Analysis / Random-Matrix / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 337, VLD2020-53, pp. 80-84, 2021年1月.
資料番号 VLD2020-53 
発行日 2021-01-18 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2020-53 CPSY2020-36 RECONF2020-72

研究会情報
研究会 CPSY RECONF VLD IPSJ-ARC IPSJ-SLDM  
開催期間 2021-01-25 - 2021-01-26 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) FPGA 応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2021-01-CPSY-RECONF-VLD-ARC-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングを用いた低消費電力脳波計測フレームワークのサンプリング間隔に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low Power EEG Measurement Using Compressed Sensing Consideration of the Sampling Interval 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波 / EEG  
キーワード(2)(和/英) 低消費電力 / low-power consumption  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / Compressed Sensing  
キーワード(4)(和/英) 独立成分分析 / Independent Component Analysis  
キーワード(5)(和/英) ランダム行列 / Random-Matrix  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 勇樹 / Yuki Okabe / オカベ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 兼本 大輔 / Daisuke Kanemoto / カネモト ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 智弥 / Tomoya Mochizuki / モチズキ トモヤ
第3著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 毎田 修 / Osamu Maida / マイダ オサム
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 哲也 / Tetsuya Hirose / ヒロセ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-01-25 17:10:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 VLD 
資料番号 VLD2020-53, CPSY2020-36, RECONF2020-72 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.337(VLD), no.338(CPSY), no.339(RECONF) 
ページ範囲 pp.80-84 
ページ数
発行日 2021-01-18 (VLD, CPSY, RECONF) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会