お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-28 13:25
大画面Edge-Based DFD 表示において,遠距離観察とエッジ画像をぼかすことによる 3D像の奥行き拡大
松原秀人陶山史朗水科晴樹徳島大EID2020-20
抄録 (和) 大画面Edge-based DFD (Depth-fused 3D)表示において,遠距離観察とエッジ画像をぼかすことによって,前後2枚の画像を1つの3D画像として知覚させることが可能な「奥行き融合限界」の拡張に成功した.また,観察距離を増大することにより,奥行き融合に必要なエッジ画像のぼけ幅を効果的に減らすことが可能なことを明らかにした.さらに,Edge-based DFD表示では,エッジ画像を注視した場合には,前後面の中間にある奥行き制御できない位置と前面の双方に奥行きが知覚され,従来のDFD表示とは異なる劣化特性を有することが分かった. 
(英) We can successfully extend depth-fusion limit of front-rear gap from two image depths to one perceived depth by blurring edge image in large Edge-based DFD (Depth-fused 3D) display with long-viewing distance. As viewing distance is increased, viewing angle of blurring width for depth-fusion can be effectively reduced. Furthermore, Edge-based DFD display has a peculiar depth deterioration characteristic that an uncontrollable and mid-point depth between front and rear planes is perceived as well as front depth when gazing at an edge image.
キーワード (和) DFD display / Depth-fused 3D / ぼけ幅 / 注視点 / / / /  
(英) DFD display / Depth-fused 3D / image blur / blur change / gaze position / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 345, EID2020-20, pp. 21-24, 2021年1月.
資料番号 EID2020-20 
発行日 2021-01-21 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2020-20

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2021-01-28 - 2021-01-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2021-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大画面Edge-Based DFD 表示において,遠距離観察とエッジ画像をぼかすことによる 3D像の奥行き拡大 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D Image Depth Enlargement in Large and Long-Viewing Distance Edge-Based DFD Display by Blurring Edge Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DFD display / DFD display  
キーワード(2)(和/英) Depth-fused 3D / Depth-fused 3D  
キーワード(3)(和/英) ぼけ幅 / image blur  
キーワード(4)(和/英) 注視点 / blur change  
キーワード(5)(和/英) / gaze position  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 秀人 / Hideto Matsubara / マツバラ ヒデト
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / Shiro Suyama / スヤマ シロウ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Haruki Mizushina / ミズシナ ハルキ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-28 13:25:00 
発表時間
申込先研究会 EID 
資料番号 EID2020-20 
巻番号(vol) 120 
号番号(no) no.345 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数
発行日 2021-01-21 (EID) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会