お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-12 13:35
高信頼性トリガギャップスイッチにより大気中で発生する12路並列放電アークの写真観察
相沢友勝都立高専R2020-34 EMD2020-25
抄録 (和) このトリガギャップスイッチには,主電極と誘導電界発生用コイルが複数組み合わされたスイッチング回路がある.この回路は大気中で別のトリガ用放電回路と電磁結合している.トリガ回路を放電するとこの回路に磁束が交差し,誘導電界が発生する.この結果,ギャップスイッチの各主電極間に電圧が発生し,並列12路アーク放電が生じる.充電されたコンデンサ電源からこのスイッチング回路を経て流れる放電電流は,この回路のインダクタンスを打ち消すように流れる.スイッチング回路のコイルは,4ターン巻かれ,すぐ外側に置かれたトリガ用放電回路と電磁結合する.スイッチング回路およびトリガ用放電回路は,各主電極間に加わるコンデンサ充電電圧がなくても,全電極間が放電するよう選ばれる.12路アーク全体写真(静止画像)は露出時間約1秒で撮られる. 
(英) This trigger gap switch has a switching circuit that combines multiple main electrodes and induced electric field generating coils. This circuit is electromagnetically coupled to another trigger discharge circuit in the atmosphere. When the trigger circuit is discharged, the magnetic flux intersects the switching circuit and an induced electric field is generated. The resulting voltage is generated between each main electrode of the gap switch, and 12-discharge arcs occur. The discharge current flowing from the charged capacitor bank through this switch flows so as to cancel the inductance of the switching circuit. The coils of the switching circuit are wound for 4 turns and are electromagnetically coupled to the trigger discharge circuit placed just outside. The switching circuit and the trigger discharge circuit are selected so that all main electrodes are discharged even when there is no capacitor charging voltage between each main electrode. The entire 12-arcs photo (still image) is taken with an exposure time of approximately 1 second.
キーワード (和) 放電ギャップスイッチ / 高信頼性トリガ放電 / 誘導電界 / 並列12路アーク放電 / アーク観察 / / /  
(英) Spark gap switch / Reliable trigger discharge / Induced electric field / Parallel 12-arc discharge / Arc observation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 361, EMD2020-25, pp. 1-6, 2021年2月.
資料番号 EMD2020-25 
発行日 2021-02-05 (R, EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2020-34 EMD2020-25

研究会情報
研究会 EMD R  
開催期間 2021-02-12 - 2021-02-12 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 機構デバイスの信頼性、信頼性一般(共催:信頼性研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2021-02-EMD-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高信頼性トリガギャップスイッチにより大気中で発生する12路並列放電アークの写真観察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Photograph observation of 12 parallel discharge arcs generated in the atmosphere by a reliable trigger gap switch 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 放電ギャップスイッチ / Spark gap switch  
キーワード(2)(和/英) 高信頼性トリガ放電 / Reliable trigger discharge  
キーワード(3)(和/英) 誘導電界 / Induced electric field  
キーワード(4)(和/英) 並列12路アーク放電 / Parallel 12-arc discharge  
キーワード(5)(和/英) アーク観察 / Arc observation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 相沢 友勝 / Tomokatsu Aizawa / アイザワ トモカツ
第1著者 所属(和/英) 東京都立工業高等専門学校 (略称: 都立高専)
Tokyo Metropolitan College of Technology (略称: Tokyo Metropolitan College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-02-12 13:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EMD 
資料番号 R2020-34, EMD2020-25 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.360(R), no.361(EMD) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数
発行日 2021-02-05 (R, EMD) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会