お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-18 17:45
[特別招待講演]自律型Time Aware Shaperを用いたレイヤ2ネットワークによる5G NRフロントホール及び1,000台IoT端末の収容
柴田直剛NTT)・Zhu Paikun光産業創成大)・西村和人富士通)・吉田悠来NICT)・林 和則阪市大)・廣田正樹富士通)・原田臨太朗本田一暁金子 慎寺田 純NTT)・北山研一光産業創成大OCS2020-42 OPE2020-74 LQE2020-80
抄録 (和) 本報告は、ECOC2020ポストデッドライン論文Th3B.3のレビュー講演である。低遅延時空間圧縮、自律型Time Aware Shaper等の提案技術を用いてbeyond 5G向けのx-haulプラットフォームを構築し、10Gbpsインタフェースのみで、CPRIレート換算で約59Gbpsのモバイルフロントホール信号を100s以下の遅延時間で伝送しながら、同時に1,000台超のIoT端末を伝送することに成功したので、報告する。 
(英) This technical repot reviews the presentation of the ECOC2020 Postdeadline Paper Th3B.3. For beyond 5G, we propose a x-haul platform with autonomous time aware shaper and adaptive mobile fronthaul compression, where 5G NR-class fronthauls (2*29.49-Gbps CPRI-equivalent-rate) with <100-s latency and 1,000+ massive IoT backhaul traffic are simultaneously accommodated through a 10GbE interface.
キーワード (和) Time Aware Shaper / 時空間圧縮 / モバイルフロントホール / IoT / / / /  
(英) Time Aware Shaper / Space-time Compression / Mobile Fronthaul / IoT / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 365, OCS2020-42, pp. 10-13, 2021年2月.
資料番号 OCS2020-42 
発行日 2021-02-11 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2020-42 OPE2020-74 LQE2020-80

研究会情報
研究会 LQE OCS OPE  
開催期間 2021-02-18 - 2021-02-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ECOC報告(基幹伝送関連、光ネットワーク関連、光アクセス関連、光ファイバ関連、パッシブデバイス関連、アクティブデバイス関連) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2021-02-LQE-OCS-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律型Time Aware Shaperを用いたレイヤ2ネットワークによる5G NRフロントホール及び1,000台IoT端末の収容 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accommodation of 5G NR Fronthauls and 1,000 IoT Devices by Layer-2 Network with Autonomous Time Aware Shaper 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Time Aware Shaper / Time Aware Shaper  
キーワード(2)(和/英) 時空間圧縮 / Space-time Compression  
キーワード(3)(和/英) モバイルフロントホール / Mobile Fronthaul  
キーワード(4)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 直剛 / Naotaka Shibata / シバタ ナオタカ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhu Paikun / Paikun Zhu / ジュ パイクン
第2著者 所属(和/英) 光産業創成大学院大学 (略称: 光産業創成大)
Graduate School for the Creation of New Photonics Industries (略称: GPI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 和人 / Kazuto Nishimura / ニシムラ カズト
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 悠来 / Yuki Yoshida / ヨシダ ユウキ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 和則 / Kazunori Hayashi / ハヤシ カズノリ
第5著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: OCU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 正樹 / Masaki Hirota / ヒロタ マサキ
第6著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 臨太朗 / Rintaro Harada / ハラダ リンタロウ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 一暁 / Kazuaki Honda / ホンダ カズアキ
第8著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 慎 / Shin Kaneko / カネコ シン
第9著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 純 / Jun Terada / テラダ ジュン
第10著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 北山 研一 / Ken-ichi Kitayama / キタヤマ ケンイチ
第11著者 所属(和/英) 光産業創成大学院大学 (略称: 光産業創成大)
Graduate School for the Creation of New Photonics Industries (略称: GPI)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-02-18 17:45:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 OCS 
資料番号 OCS2020-42, OPE2020-74, LQE2020-80 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.365(OCS), no.366(OPE), no.367(LQE) 
ページ範囲 pp.10-13 
ページ数
発行日 2021-02-11 (OCS, OPE, LQE) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会