お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-02 13:50
位相回転とASKを組み合わせたSD-SM-MIMOの検討
井田悠太山口大)・丸田一輝東工大)・松元隆博松藤信哉山口大CAS2020-83 CS2020-90
抄録 (和) 多入力多出力(MIMO: Multiple-input multiple-output)システムでは,空間分割多重(SD: Space division multiplexing)伝送と空間変調(SM: Spatial modulation)伝送を組み合わせたSD-SM-MIMOが提案されている.これまでに,SD-SM-MIMOのSM伝送は非ヌル信号から成る位相偏移変調(PSK: Phase shift keying)とヌル信号から成るヌル変調を用いたが,非ヌル信号とヌル信号から成る振幅偏移変調(ASK: Amplitude shift keying)の様な方式は評価されていない.また,検波にチャネルランキング(CR: Channel ranking)を用いたQRM-MLD(QR decomposition with M-algorithm maximum likelihood detection)を用いたが,異なるコンスタレーションの重複を回避する位相回転も考える必要がある.それ故,本論文は位相回転とASKを組み合わせたSD-SM-MIMOを検討する.コンピュータシミュレーション結果から,提案法は良いビットエラー率(BER: Bit error rate)特性を示した. 
(英) For multiple-input multiple-output (MIMO) systems, SD-SM-MIMO which combines the space division multiplexing (SD) and spatial modulation (SM) transmissions has been proposed. For the SM transmission of SD-SM-MIMO, the phase shift keying (PSK) by the non-null signal and the null modulation by the null signal are utilized, but the modulation by the null and non-null signals such as the amplitude shift keying (ASK) not evaluated. Also, in the conventional SD-SM-MIMO, channel ranking (CR) and QR decomposition with M-algorithm maximum likelihood detection (QRM-MLD) is utilized for the detection technique, but the phase rotation is not evaluated to avoid the overlapping for the different constellation. Therefore, in this paper, we study the combining for the phase rotation and the ASK at the SD-SM-MIMO. From the computer simulation result, the proposed method shows the good bit error rate (BER) performance.
キーワード (和) SD-SM-MIMO / 位相回転 / ASK / / / / /  
(英) SD-SM-MIMO / Phase rotation / ASK / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 120, no. 386, CS2020-90, pp. 65-70, 2021年3月.
資料番号 CS2020-90 
発行日 2021-02-22 (CAS, CS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2020-83 CS2020-90

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2021-03-01 - 2021-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2021-03-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相回転とASKを組み合わせたSD-SM-MIMOの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Combination of Phase Rotation and ASK for SD-SM-MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SD-SM-MIMO / SD-SM-MIMO  
キーワード(2)(和/英) 位相回転 / Phase rotation  
キーワード(3)(和/英) ASK / ASK  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 悠太 / Yuta Ida / イダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 一輝 / Kazuki Maruta / マルタ カズキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松元 隆博 / Takahiro Matsumoto / マツモト タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松藤 信哉 / Shinya Matsufuji / マツフジ シンヤ
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2021-03-02 13:50:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 CS 
資料番号 CAS2020-83, CS2020-90 
巻番号(vol) vol.120 
号番号(no) no.385(CAS), no.386(CS) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数
発行日 2021-02-22 (CAS, CS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会